このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

斎宮歴史博物館 > 利用情報 > 史跡見学・観光ガイド > Web版斎宮今昔

Web版斎宮今昔

国史跡斎宮跡

 斎宮跡は、古代から中世にかけての約660年間にわたり、天皇に代わって伊勢神宮に仕えた未婚の皇女・斎王の宮殿があった所です。遺跡の規模は、東西約2キロメートル、南北約0.7キロメートル、総面積は約137ヘクタール(およそ甲子園球場35個分)と全国屈指の広大なものです。1970年(昭和45年)に始まった発掘調査は現在も続いており、「幻の宮」は少しずつその姿を現し始めています。
 さあ、あなたもこの歴史の舞台を散策してみませんか。そして、皇女たちが青春時代を過ごした在りし日の斎宮に想いを馳せてみませんか。 

画面をクリックするとその丸番号の散策ポイントの説明ページに移動します。

史跡北西

史跡北東

史跡南西

史跡南東

ページのトップへ戻る