このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

斎宮歴史博物館 > その他 > キッズページ/さいおうってどんな人?

斎王(さいおう)ってどんな人?

斎王(さいおう)とは、伊勢神宮の神さまにつかえるために京の都から伊勢(今の三重県)へやってきたお姫さまのことです。天皇の子どもや孫の中から選ばれました。

 

今から1300年も昔の飛鳥・奈良(あすか・なら)時代から約660年間、天皇が交代するたびに斎王が選ばれていたのです。全員で60人ぐらいの斎王がいます。

 

結婚(けっこん)していないことが選ばれる条件だったので、小学生ぐらいの年れいで選ばれた斎王もたくさんいました。

 

「斎王は大ぜいの行列を組んで、都から斎宮へやってきました。」(映像展示『斎王群行』より)
「斎王は大ぜいの行列を組んで、
都から斎宮へやってきました。」
(映像展示『斎王群行』より)
「子どもの斎王もたくさんいました。」(映像展示『斎王群行』より)
「子どもの斎王もたくさんいました。」
(映像展示『斎王群行』より)