現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 県史 >
  5. データベース >
  6.  明治期県庁公文書
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  県史編さん班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

歴史の情報蔵・三重の歴史がよみがえる

明治期県庁公文書(7,301点)県指定有形文化財(歴史資料)平成22年3月11日

明治4年(1871)11月22日の第2次廃藩置県で、安濃郡以北の伊勢国・伊賀国が安濃津県、一志郡以南の伊勢国と志摩国及び紀伊国の一部が度会県となりました。その翌年、安濃津県は津にあった県庁を三重郡四日市町に移転し、県名を三重県と改称しました。これが県名の由来ですが、その後、明治9年4月18日に度会県と合併し、現在の三重県が誕生しました。また、それ以前の明治元年には、これまで神領地域を管轄していた山田奉行所に代わって度会府(明治2年から度会県)が設置されました。こうした変動期の文書が県庁には多数残されています。その残存度合いは、全国でも屈指のものとして有名です。

特に、地租改正関係資料や明治9年に三重県で起こった地租改正反対一揆(「伊勢暴動」)の資料などは、多くの研究者がそれらを利用しております。

さらに、明治期には勧業策の一環として、数多くの博覧会・共進会・品評会などが開催されました。その関係文書も保存されており、当時の地域産業や伝統産業などの歴史を知るのにきわめて重要な資料です。

平成22年3月11日 絵図地図類とともに「三重県行政文書」として県指定有形文化財(歴史資料)となりました。

この「三重県行政文書」は現在三重県総合博物館で保管しています。閲覧など詳細は同博物館のホームページなどでご確認ください。

地租改正反対一揆関係資料

地租改正反対一揆関係資料画像

県内物産博覧会資料

県内物産博覧会資料画像

      図をクリックすると拡大します。

目録

※下記をクリックして頂くと目録をご覧頂けます。

布告・布達等(目録1)

藩府県・郡役所・町村制等(目録2)

地籍・地理・交通・土木測量・財政等(目録3)

勧業・博覧会・共進会・品評会等(目録4)

地租改正反対一揆(伊勢暴動) (目録5)

史誌地誌・統計・国宝・天然記念物等(目録6)

神社・寺院・門前町(宇治山田)等 (目録7)

戸籍表・家禄・士族・復禄復族等(目録8)

その他(兵事・行啓・学校・教育等)(目録9)

目録をまとめて見る場合 (目録10)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 県史編さん班 〒514-0004 
津市栄町1-954(栄町庁舎)
電話番号:059-224-2057 
ファクス番号:059-224-2059 
メールアドレス:kenshi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000048128