難波職人歌合 下

  • 資料情報

    閉じる

    難波職人歌合 下【冊子】
    なにわ しょくにん うたあわせ

    「職人歌合」とは職人になったつもりで歌を詠み、その優劣を競うものです。大阪で活躍した、翁満は歌合に難波のご当地自慢を加えました。

    時代:1852年

    寸法:27cm
  • 訳文

    閉じる

  • 訳文

    閉じる

  • URL表示

    閉じる

    下記のURLを使って、このページにリンクできます。

  • サムネイル

    閉じる

    P001

    P003 P002

    P005 P004

    P007 P006

    P009 P008

    P011 P010

    P013 P012

    P015 P014

    P017 P016

    P019 P018

    P021 P020

    P023 P022

    P025 P024

    P027 P026

    P029 P028

    P031 P030

    P033 P032

    P035 P034

    P037 P036

    P039 P038

    P041 P040

    P043 P042

    P045 P044

    P047 P046

    P049 P048

    P051 P050

    P053 P052

    P055 P054

    P057 P056

    P059 P058

    P061 P060

    P063 P062

    P065 P064

    P067 P066

    P069 P068

    P071 P070

    P073 P072

    P075 P074

    P076

  • 目次

    閉じる

  • 訳文表示

    閉じる

    左ページの訳文を表示

    右ページの訳文を表示

  • 最終ページ

  • 次ページ

  • 前ページ

  • 先頭ページ

  • 拡大

  • 縮小

  • 元に戻す

  • フル画面

  • 横幅合わせ

  • 縦幅合わせ

  • 印刷

  • 操作方法

  • /76