現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 芭蕉さん日記 >
  6. 土の旅編 >
  7.  芭蕉さん日記 平成23年9月18日
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

芭蕉さん日記 平成23年9月18日

 鯖江でお気に入りの老眼鏡を見つけた芭蕉さん。ちょっとはしゃぎすぎ?











 

丹南産業フェア2011へ行く!

受付
またもや、受付のお姉さんと記念撮影
 
四角フレーム丸フレーム
どっちがハンサムだと思う?どっちも?
電車
すれ違う人がみんな振り向いておった
 
トリオ
てんけんくん と せいびちゃん
 
夫婦
「こんなのどうかな?」 「字余りよ」
 
 
今日わしが参加したイベントはこれじゃ。

 丹南産業フェア2011

今日お邪魔したのは、鯖江市で開催された『丹南産業フェア』じゃ。福井県をはじめ、隣接県の特産品など、いろいろなものがあって、いくら見ていても飽きなかった。

 

しかし、鯖江といえばやっぱり眼鏡。

このところ近くが見えづらくて、曽良から手紙をもらっても読むのにひと苦労しておった。

 

というわけで、数ある中から丸と四角のフレームを試着。どちらが似合うとるか、迷った末に、わしの燻し銀の魅力が引き立つ四角フレームの老眼鏡を購入。

 

屋外広場にはミニ電車が走っておった。

子どもたちが電車に乗る様子を見ていたら、わしも乗りたくなってきた。頼んで乗せてもらったら、頭の重みのせいでスピードが遅くなってしまった。一緒に乗った子どもらよ、すまんのう。

 

自動車整備協会の「てんけんくん」と「せいびちゃん」も来ておった。わしと等身大の仲間に会うのは久しぶりじゃ。うれしくなって、3人で記念撮影。

 

俳句の伝道師としての役割も忘れてはおらぬよ。今日も会場では老若男女が俳句に挑戦してくれた。一人で作るも良し。家族や友達で協力するも良し。みんな楽しんでくれたようじゃ。

 

さて、まんなか共和国の旅は新たな発見や出会いがあって楽しかったのう。

しかし、360歳にして短期間で3県を踏破したので少々疲れた。

この後は、伊賀の屋敷に向かいながら、道中の景色や名物を堪能するか。

 

 

 ←前回9月11日へ  次回10月12日へ→

芭蕉君
芭蕉君
芭蕉君
芭蕉君
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053759