現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 俳人 >
  6. 更科紀行(松尾芭蕉 主な紀行文) >
  7.  更科紀行―姨捨山(長野県埴科郡戸倉町)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

更科紀行

姨捨山(長野県埴科郡戸倉町)

俤や姥ひとり泣く月の友
(おもかげやおばひとりなくつきのとも)

十六夜もまだ更科の郡かな
(いざよいもまださらしなのこおりかな)
芭蕉が、門人に自信作として語ったと伝えられる芭蕉秀句の中の一句。主題は「姨捨伝説」であり、それを叙情の世界に再構築したもの。姨捨伝説は、若い息子が妻にそそのかされて老母を姨捨山に捨てたが、姨捨山に出る月の美しさに目が覚めて、母を連れ帰ったとするもの。あるいは、苛斂誅求な圧政に苦しんで老人を捨てたとされるものなどがある。古来、描かれてきた姨捨伝説は前者。ところで姨捨の月は、「田毎の月」として、土佐の高知の桂浜、石山寺の秋の月と並んで日本三名月とも言われた。

寝覚の床 鳥居峠 木曾郡 平沢 洗馬 姨捨山 善光寺 浅間山

地図


戻る 次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053610