現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 俳人 >
  6. 更科紀行(松尾芭蕉 主な紀行文) >
  7.  更科紀行―寝覚の床(長野県上松町)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

更科紀行

寝覚の床(長野県上松町)

桟橋や命をからむ蔦葛
(かけはしやいのちをからむつたかずら)

桟橋や先づ思い出づ駒迎へ
(かけはしやまずおもいいずこまむかえ)
かけはしに来て真っ先に思い出したのは駒迎えの儀のこと。律令時代、朝廷に諸国から献上された馬を8月15日に天皇が紫宸殿前で謁見した。その行事が駒牽きの儀であった。この行事の為に朝廷の役人が逢坂の関まで出迎えに行くのが駒迎えの儀。桟に来て駒迎えを思い出したのは木曽の駒を献上するについてはこの桟を通らなければならないという危険についてだったのであろう。

寝覚の床 鳥居峠 木曾郡 平沢 洗馬 姨捨山 善光寺 浅間山

地図


次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053606