現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 俳人 >
  6. 野ざらし紀行(松尾芭蕉 主な紀行文) >
  7.  野ざらし紀行―とくとくの泉(奈良県吉野町)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

野ざらし紀行

とくとくの泉(奈良県吉野町)

露とくとく試みに浮世すすがばや
(つゆとくとくこころみにうきよすすがばや)
主人公は「西上人の草の庵の跡」を求めて「奥の院」からさらに奥へと進む。訪れる人もまれな「さがしき谷」をへだてて残る隠遁者の庵の佇まいに、「いと尊し」と感動した。その傍らには、西行法師が「とくとくと落つる岩間の苔清水くみほすほどもなきすまひかな」と詠んだ「とくとくの清水」がある。尊敬する先達・西行法師の歌の所作を真似て、その生活に思いをいたす。

後醍醐陵 奥吉野 苔清水 竹の内・当麻寺

地図

戻る     次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053604