現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 俳人 >
  6. 野ざらし紀行(松尾芭蕉 主な紀行文) >
  7.  野ざらし紀行―奥吉野(奈良県吉野町)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

野ざらし紀行

奥吉野(奈良県吉野町)

碪打ちてわれに聞かせよ坊が妻
(きぬたうちてわれにきかせよぼうがつま)
碪を打つのは、布を柔らかくしたり、艶を出すため。「ひとり吉野の奥に」踏み込んだ主人公。きこり小屋の家が所々に見え、木を切る音が聞こえてくる。主人公がこの聖地で発見したのは、ここにも「俗の生活」があるということ。聖地の宿坊に、止まる人の世話をするための「坊」とその「妻」がいるという発見も同様。

後醍醐陵 奥吉野 苔清水 竹の内・当麻寺

地図


戻る 次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053603