現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 俳人 >
  6.  雲裡坊杉夫
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

雲裡坊杉夫

俳人伝

雲裡坊杉夫(うんりぼうさんぷ)1692~1761
渡辺氏。尾張の人。俳諧を支考に学び、鳥巣仁の号を授けられ、三四庵・杉夫・有椎翁五世とも号した。延享四年琵琶湖畔の無名庵に入って五世の主となり、境内に幻住庵を再興し、且つ幻住庵の椎の木を無名庵に移植して有椎老人と号した。交友が多く、四方を行脚した。宝暦五年橋立に停留中の蕪村を訪ねて歌仙を巻き、その帰るに当って蕪村は宮津から橋立まで送って来て、「短夜や六里の松に更けたらず 蕪村」と別れを惜しんでいる。のち、雲裡追悼集『桐の影』には、雲裡が江戸の中橋にいた昔をなつかしんだ蕪村の句があって、蕪村東遊時代からの友人である事が知られる。宝暦十年秋、無名庵を出て京都鎌倉の夜長庵に移り、晩秋には筑紫の旅に出た。この行庵が出来た記念に『柱かくし』、寛保三年『桑名万句』があり、無名庵に入って後、幻住庵再興のため各地を行脚して句を請い、宝暦二年に『蕉門名録集』を刊行した。宝暦十一年四月二十七日に没した。年六十九。追福集に明和二年『鳥帽子塚』、安永三年に『向芝園廻文』、同六年に『桐の影』、七年に『蕉門花伝授』などがある。『鳥帽子塚』には宝暦十一年盛夏浮巣庵文素の序があり、 他の文献に徴しても誤りはないと思われるが、『向芝園廻文』には、雲裡の像の上に「宝暦十二年壬午歳四月甘七日卒、葬於義仲寺、時年六十六」とある。

関連人物・史跡等

◆支考(しこう)・・・各務支考(かがみしこう)松尾芭蕉の門人。
◆蕪村(ぶそん)・・・俳人。画家。その絵画的描写は、明治の子規らによる近代俳句運動に影響を与えている。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053628