現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 俳人 >
  6.  西村馬曹
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

西村馬曹

俳人伝

西村馬曹(にしむらばそう)1746?~1801?
西村馬曹は四日市の俳人である。別名、西村貞、寛政元年から三十年前、十四歳であった馬曹は、父の宇毬や禹月・猪史に従って伊勢に赴いたという。その折、神風館主の温故に発句を呈して、脇句を与えられている。この頃から馬曹は父の指導で俳諧を始めていたと考えられる。管見に入った発句の中で早い時期のものには、安永四年刊の樗良編『春興俳句発句』所収の句がある。また、神風館十四世継承の弘臣編『歳旦』にも馬曹の句がある。馬曹と弘臣はかなり親密であったと推定される。安永四年十二月十日に没、享年五十五歳

関連人物・史跡等

◆神風館(じんぷうかん)・・・伊勢久居城主藤堂任口の命名で、初代足代雪堂、二代足代弘員、三代涼菟、四代曾木、五代梅路、六代温故、七代何声・・・・(以下略)と続く。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053626