現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 俳句 >
  5. 俳人 >
  6.  二日坊宗雨
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課  >
  4.  文化企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

俳句のくに・三重

二日坊宗雨

俳人伝

二日坊宗雨(ふつかぼうそうう)1711~1775
二日坊というのは号で、姓は菊地、名を宗雨または揚立(ようりつ)と称し、晩年には帰旧法子(ききゅうほうし)とも号した。津の江戸時代中期の俳人であり、津に俳壇という体のものが出来たのは、二日坊宗雨の力によるといってよ。「阿漕雲雀」によると、家は医者だったが彼は医業を修めず、俳諧(はいかい)一途の生涯を送った。 芭蕉敬慕の念を持ち、四天王寺境内に芭蕉文塚を建立、その記念集として『文塚』を刊行した。二日坊の没後は、坐秋、林可らによって一門が継承されたようである。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 文化企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053619