現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5. トピックス >
  6. 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」(熊野参詣道) >
  7.  伊勢路を歩こう!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  記念物・民俗文化財班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

伊勢路を歩こう!

伊勢参りと熊野詣

江戸時代の庶民にとっては、伊勢神宮は遠方であっても、一生に一度は参りたい所であり、熊野はどのような人の願いも受け入れてくれるとされる所でした。
折角、伊勢参りの機会を得た人々は、伊勢だけでなく、京都・大坂を見物して帰る人も多かった一方で、さらなる大願成就のため、熊野、そして西国三十三所観音霊場巡礼に向かう人々も少なくありませんでした。

伊勢路の文化財的価値

熊野参詣道伊勢路が国指定史跡、そして世界遺産の資産として登録されたのには、もちろん理由があります。国指定文化財となる以前は、紀北町(旧海山町)の「馬越の一里塚及び熊野街道馬越峠道」と尾鷲市の「八鬼山の一里塚及び熊野街道八鬼山道」が、参詣道に関連する文化財として県指定史跡になっていました。
県指定史跡として評価されたのは、江戸時代に紀州藩によって設置された一里塚と、遺存状態の良い石畳道に限られた箇所で、往時の熊野街道の状況をよく残す遺跡という点です。
これに対し、国指定史跡となった範囲は、県指定範囲よりはるかに広く、指定名称も「熊野参詣道」とすることから、熊野三山への参詣道として、その経路の真実性が確かめられたうえで、参詣道として利用されていた頃の景観が残り、かつ当時から改変をあまり受けていない街道がその対象となりました。そしてそれが世界遺産の一部として登録されました。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 記念物・民俗文化財班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3328 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000179135