現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5. トピックス >
  6. 海女習俗(鳥羽・志摩の海女漁の技術) >
  7.  海女習俗
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  記念物・民俗文化財班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

海女習俗

 

海女について

「海女」とは一般に、海に潜って貝や海藻などを採る職業の女性のことです。海女は、獲物が採れる場所などを選り抜く目を持っています。例えば、船の上から周辺の島や山の位置から、潜る場所を判断し、海に浮かぶブイなどの流れを見て、潮の流れを読み取っています。
 海の中では、海底の石が重なった所や、岩場のすき間などを見て、獲物の有無を判断しています。海の中の様子は、海女にしかわからないものです。

鳥羽・志摩の海女漁の歴史

 海女漁はいつ頃から行われていたのでしょう。縄文時代の鳥羽市浦村の白浜遺跡からは、アワビの貝殻などが出土しています。アワビは、海に潜らないと採れないので、素潜り漁があったのではないかと考えられています。
 奈良の平城京に運ばれた貢納物の荷札には、現在の志摩市大王町波切から、西暦745年にアワビが都へ運ばれたことが記されたものがあります。また、『万葉集』でも、大伴家持や山上憶良が、海女漁の様子を歌に詠んでいます。

海女の漁獲物

 鳥羽・志摩の海女漁では、アワビをはじめ、サザエ、トコブシ、イワガキ、イセエビ、ウニ、ナマコ、アラメ、ヒジキ、テングサなどを採ります。アワビの大きさが10.6cm以下のものを採取制限したり、種苗の放流など、資源の監理もも積極的に行っています。

鳥羽・志摩の海女漁の方法

 鳥羽・志摩では、次の3つの海女漁の方法があります。

【フナド】

夫婦や親子などの男女の組み合わせで船に乗り、男性が滑車を使って、綱で女性を引き上げるなどの
共同作業で漁を行うもの。

【ノリアイ】 1隻の船に複数の海女が乗り合わせ、各漁場にわかれて漁を行うもの。
【カチド】 海女が陸地から泳いでいって漁を行うもの。

 

海女漁の道具

 鳥羽・志摩の海女は、さまざまな道具を使って、漁を行います。
 

イソメガネ

タンボ

カギノミ

 海女が目を保護するために着ける水中メガネ。ガラスのくもり止めのために、ヨモギなどの葉を揉んで表面を拭きます。

 獲物を入れるウキワがついた網かご。海上に浮かべることにより、海女がその場所で潜っている目印にもなります。

 

 
 鉄やステンレスで作られた獲物を獲るための道具。片側がヘラで岩に貼りついたアワビなどをはがし、もう片側は、鉤の手になっていて、ウニなどをひっかけて、捕まえます。

 

 

鳥羽・志摩の海女漁の現状

  鳥羽市と志摩市で、平成22年に978人の海女が活動していましたが、平成26年の鳥羽市海の博物館による調査では、761人という結果も出ています。高齢化により漁を引退したり、後継者の不足により、その数が年々減少していくのが懸念されます。
 現在の鳥羽市と志摩市では、28地区で海女漁が行われており、女性だけでなく、男性も素潜り漁に従事しています。
【海女漁が行われている地区】
 鳥羽市
  小浜、神島、答志、和具浦、桃取、菅島、安楽島、浦村、石鏡、国崎、相差、
  畔蛸、千賀、千賀堅子
 志摩市
  安乗、国府、甲賀、志島、畔名、名田、波切、船越、片田、布施田、和具、
  越賀、御座、浜島


 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 記念物・民俗文化財班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3328 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000177457