七里の渡

しちりのわたし


七里の渡

指定区分

指定種別

史跡

指定・登録日

市町

桑名市

所在地

桑名市船場町

所有者

国土交通省

員数

-

構造

-

年代

江戸時代
関係サイト
関連資料

概要

 七里とは桑名と尾張の熱田への海上七里を指す。中世においては桑名は港町として発達した。大永6(1526)年に連歌師宗長(そうちょう)が津島から渡海したことが、彼の紀行文『宗長手記』にみられ、桑名の港の様子が記されている。
 慶長6(1601)年に本多忠勝が就封して町並みも整理され、この年には東海道の本道と定められた。
 川に面して突き出た石垣部分に川口御番所、前に制札(せいさつ)を掲げた高札場(こうさつば)、正面は船着場、その右に船役所等があった。

ページのトップへ戻る