蝠堂民俗玩具

こうもりどうみんぞくがんぐ


蝠堂民俗玩具

指定区分

指定種別

有形民俗文化財

指定・登録日

市町

四日市市

所在地

四日市市富田

所有者

個人

員数

1括

構造

-

年代

江戸~昭和時代
関係サイト
関連資料

概要

 酒造りの蔵本であった伊藤氏が二代約35年間にわたって収集した5万点に及ぶ玩具類である。伊勢湾台風により一部被害を受け、今は児童文学者巌谷小波(いわやさざなみ)の命名による「於茂千也函」(おもちゃばこ)と呼ばれる建物に保管されている。その内容は日本全域と中国、朝鮮半島、南アメリカ諸国、東南アジア諸国の手作り玩具で、土、木、竹、紙、藁(わら)、布等で造られ、それぞれの地方や国の習俗、習慣が表現されており、民俗学的に貴重な資料である。主なものとして、こけし人形2000点、凧500点、天神500点、祭山車500点、羽子板300点、獅子頭300点や達磨、雛人形、博多人形等多種多様に及ぶ。

ページのトップへ戻る