朝明川砂防堰堤(T11-1)

あさけがわさぼうえんてい(T11-1)


朝明川砂防堰堤(T11-1)

指定区分

指定種別

登録有形文化財(建造物)

指定・登録日

市町

菰野町

所在地

三重郡菰野町千草

所有者

三重県

員数

1基

構造

石造練石積堰堤

年代

大正11年
関係サイト
関連資料

概要

石造練石積堰堤、幅58.1m、高さ3.6m。朝明川流域の砂防事業は明治21年頃から開始され、流域に多数の堰堤が築造された。この堰堤はその中でも下流寄りの本流にあり、大正11(1922)年に築造された三重県初の練石積堰堤であるとされている。中央にアーチ状の開口部(現在は埋められている)があり、その上の「大正十壱年度砂防工事」と書かれた銘石が意匠上の特徴である。

ページのトップへ戻る