トップページ > みえの文化びと > みえの文化びと詳細

みえの文化びと詳細

地域 北勢地域
名前 森 敏子

森 敏子さん
森 敏子さん

プロフィール 1948年 三重県亀山市生まれ、在住
1994年〜2002年 三重県展入選
1997年 三重県展最優秀賞
1998年 三重県展優秀賞
2000年 「桜アートサロン大賞展」入選
2007年 「北の大地ビエンナーレ」佳作賞
個展、グループ展を県内外、海外にて開催
記事 ◇絵を始めたきっかけは・・
 幼少期に体が弱かったので、毎日家の中で絵を描いて過ごしていたのを母が見ていて、小学校に入ったときに「絵画教室」に通わせてくれました。その時に、画家の小林太郎氏に指導を受け、さらに絵画が好きになりました。大学では、歴史を専攻しながらも、親にも内緒で名古屋の美術研究所に通い、その当時は絵にしか興味がなかった時期でした。この頃から意欲的に制作活動を始め、1980年には「子ども絵画教室アトリエ・エピ」を開講することになりました。

◇活動内容は・・
 子ども対象にした絵画教室を開いているほか、「グループmajo+(まじょプラス)」の会員で、市内の空き店舗を利用したギャラリー「アートスペース7DAYS」毎月1日〜7日に合同展や個展を開いたり、また「アートフォーラム三重」の会員で「亀山・商店街inART」の開催や、「関宿スケッチコンクール」の開催などと、市内外の人たちを多く呼び込む芸術展の開催で、商店街の活性化や、広く地域文化の向上のための取り組みをしています。

◇作品に向かうとき・・・
 「風景の前に立つ。無数の発見と驚きに彩られたイメージの想起。私は描く。」

森さんの作品<丘への道>
森さんの作品<丘への道>
作品展<7DAYSギャラリー>
作品展<7DAYSギャラリー>
問い合わせ先  
e-mail  
ホームページ  
取材機関  
登録日 平成22年9月8日

戻る

ページのトップへ戻る