トップページ  > 所蔵品検索  >   > 建畠覚造


建畠覚造 たてはたかくぞう

生没年

1919-2006

出身国

日本

記事

特集展示 建畠覚造の彫刻 2008.4

略歴

1919年  彫刻家建畠大夢の長男として東京に生まれる。

1937年  東京美術学校彫刻科に入学。

1941年  第4回文展で「黙」が特選受賞。東京美術学校を卒業。

1944年  在仏印日本文化会館員として、サイゴン(現在のホーチミン市)に赴任。

1946年  ベトナムから帰国。

1950年  行動美術協会彫刻部新設に参加。

1953年  渡仏し、55年3月に帰国。

1955年  「今日の新人・1955年展」(神奈川県立近代美術館)に出品。

1962年  多摩美術大学彫刻科助教授に就任(66年から教授)。

1967年  第10回高村光太郎賞を「壁体」で受賞。

1978年  建畠覚造展開催(神奈川県民ギャラリー)。

1981年  第12回中原悌二郎賞を「CLOUD 4(大)」で受賞。

1982年  建畠覚造展開催(和歌山県立近代美術館)。

1983年  ヘンリー・ムーア大賞展優秀賞受賞。

1986年  武蔵野美術大学客員教授となる。

1990年  芸術選奨文部大臣賞受賞。

1992年  建畠覚造と戦後日本の彫刻展開催(和歌山県立近代美術館)。

2005年  文化功労者に選ばれる。

2006年 2月16日、心不全のため死去、享年86。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
テラコッタ C 1954年 テラコッタ 16×16.5×13
CLOUD 25 1983年 合板 90×24×27
LANDSCAPE 28(中) 1984年 合板 42×90.5×90.8
WAVING FIGURE 17(中) 1985年 合板、木 89×73×32
WAVING FIGURE-75 1988(昭和63)年 合板、木 H54.0×53.0×70.0
SPIRAL 10 1990年 合板 90×80×40
STANDING FIGURE(大) 1994年 合板 141×62×60
PILED CUP 1996(平成8)年 木、F.R.P.、鉛 H254×84.0×80.0
ページのトップへ戻る