トップページ  > 所蔵品検索  >   > 村井正誠


村井正誠 むらいまさなり

生没年

1905-1999

出身国

日本

記事

ひるういんどno.23(1988.7) 土田真紀 「村井正誠《支那の町No.1》(館蔵品から)」

略歴

1905 岐阜県に生まれる。

文化学院第一期生として、有島生馬、石井柏亭に師事し、1928年同校卒業。

在学中より二科会に出品した。

1928年から32年にかけて滞欧。またフランスやイタリアで構成的な抽象作品を描く。またパリのアンデパンダン展に出品。

1937年自由美術家協会を結成。

戦後同会を脱会し、モダンアート協会を設立。以後毎年出品。

1962年現代日本美術展に《黒い線》を出品して最優秀賞を受ける。

1963年第7回サンパウロ・ビエンナーレ展に出品。その他、秀作美術展、日本国際美術展などへ出品。

文化学院教授として教壇に立つ。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
支那の町 No.1 1938(昭和13)年 油彩・キャンバス 112×194
うしろ姿 1956(昭和31)年 油彩・キャンバス 117×91
1973(昭和48)年 コンテ・紙 65.5×49.5
作品 1974(昭和49)年 水彩、コンテ・紙 65.0×50.3
ページのトップへ戻る