トップページ  > 所蔵品検索  >   > 前田寛治


前田寛治 まえたかんじ

生没年

1896-1930

出身国

日本

記事

前田寛治  「裸婦」 コレクション名品選のページ(毛利伊知郎)
前田寛治|赤い帽子の少女 友の会だよりno.1 1982.12.15
ひるういんどno.35(1991.7)  「前田寛治とクールベ、アングル、そしてファン・ゴッホ」 中谷伸生
土田真紀 前田寛治《裸婦》 コレクション万華鏡 -8つの箱の7つの話 1998.9
土田真紀 前田寛治の裸婦-意識された「定型」 コレクション万華鏡 -8つの箱の7つの話 1998.9
常設1999年度第2期(1999.6) 第1室:大正・昭和の洋画 桑名麻理
ひるういんどno.65(1999.1) 土田真紀 「前田寛治『赤い帽子の少女』-「コレクション万華鏡」展より」
常設2000年度第3期(2000.10) ■第1室:大正・昭和の洋画 東俊郎
桑名麻理 前田寛治|赤い帽子の少女 友の会だよりno.55 2000.11.28
東俊郎 作品解説;前田寛治《風景》、三重県立美術館所蔵作品選集 2003.10
田中善明 作品解説;前田寛治《赤い帽子の少女》、三重県立美術館所蔵作品選集 2003.10
石崎勝基 前田寛治《風景》 友の会だより no.72, 2006.7.10
移動美術館 員弁コミュニティプラザ
 『建物のある風景』 出品目録+ガイド(2008.11.12)
《風景》;他の作品解説
《赤い帽子の少女》;他の作品解説

略歴

1896 鳥取県倉吉市に生まれる。
1914年上京して白馬会葵橋洋画研究所に学び翌年東京美術学校に入学、藤島武二に師事した。
1923年フランスへ渡り小島善太郎・里見勝蔵・佐伯祐三らとともにパリで絵の修業に励む。
里見や佐伯がヴラマンクの感化を受けたのに対し、ゴッホからセザンヌを経て写実主義に傾いた前田は、思想的にも郷里の同級生福本和夫のマルキシズム理論に深い影響を受け、労働者や工場を描いた。
しかし帰国して佐伯らと「1930年協会」を起こした後には、裸婦像に多くの佳品がある。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
風景 1924(大正13)年頃  油彩・キャンバス 50.0×72.8
赤い帽子の少女 1928(昭和3)年 油彩・キャンバス 117×90.9
裸婦 1928(昭和3)年 油彩・キャンバス 90.9×117
ページのトップへ戻る