トップページ  > 所蔵品検索  >   > 藤田嗣治


藤田嗣治 ふじたつぐはる

生没年

1886-1968

出身国

日本

記事

桑名麻理 藤田嗣治|猫のいる自画像 友の会だよりno.40 1995.12.10
東俊郎 藤田嗣治《猫のいる自画像》 友の会だよりno.65 2004.3.23
《猫のいる自画像》;他の作品解説

略歴

1886年  東京都に生まれる。

1905年  東京美術学校に入学。

1910年  同校を卒業。

1913年  渡仏し、モディリアーニ、スーチンと出会う。

1917年  シェロン画廊で初の個展を開く。

1919年  サロン・ドートンヌに初出品。6点すべてが入選し、会員に推挙される。

1920年  裸婦ヲサロンに出品。「深い白」と呼ばれる乳白色のマティエールが注目を浴びる。

1921年  サロン・ドートンヌノ審査員に推挙される。

1923年  サロン・デ・テュイルリーの会員となる。

1925年  レジオン・ドヌール5等勲章を受ける。

1926年  サロン・ナショナル・デ・ボザールの審査員となる。

1929年  17年ぶりに帰国し、朝日新聞東京本社で個展を開催。翌30年パリに戻る。

1933年  中南米各地を旅行し、日本に帰る。

1939年  パリに行くが第二次大戦勃発とともに帰国。大戦中に報道画家として前線に派遣される。

1949年  渡米。

1950年  パリに戻り、戦後第1回目の個展を開く。

1955年  フランス国籍取得。

1959年  カトリックの洗礼を受ける。

1966年  設計からフレスコ壁画、ステンドグラスを手がけたランスのノートル・ダム・ド・ラ・ペ礼拝堂が完成。

1968年  フランスで没。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
猫のいる自画像 1927(昭和2)年頃 油彩・キャンバス 54.3×45.5
闘牛  全3点 1932(昭和7)年 水彩・紙 26.7×17.2他(マット38.0×28.0)
ラマと四人の人物 1933(昭和8)年 水彩・紙 155×95.0
夏之庭 制作年不詳 紙本淡彩 133×32.3
紅花図 制作年不詳 紙本淡彩 127×51.9
ページのトップへ戻る