トップページ  > 所蔵品検索  >   > ザッキン、オシップ


ザッキン、オシップ ざっきん

生没年

1890-1967

出身国

ロシア

記事


略歴

1890年    ヴィテブスク(現ベラルーシ共和国)に生まれる。

1905年    英国に渡り、サンダーランドの美術学校に通う。

1906-08年 ロンドンに出て、美術学校、美術工芸学校で学ぶ。

1909年    パリに転居。エコール・デ・ボザールに入学。

1910年    エコール・デ・ボザールを退学。「ラ・リュッシュ」に入居。

1915年    第一次世界大戦に二等担架兵として志願。

1918年    ロシア革命により両親が破産。軍を最終的に退役する。

1919年    ブリュッセルにて初の個展を開催。

1920年    アルジェリア生まれの画家ヴァランティーヌ・プラックスと結婚。

1921年    フランスに帰化。

1923,24年 イタリア、ベルギー、オランダに旅行。

1931年    ギリシアに旅行。

1935年    チェコを訪れる。

1936年    オルフェ像(楡材、1930年制作)がパリ市の買上となる。

1937年    《バッカスの巫女たち》が国家買上となる。

1938年    《霊感を得た作曲家》(ブロンズ)国家買上。

1941年    アメリカに渡る。

1944年    ニューヨークのアート・ステューデンツ・リーグの彫刻教授に就任。

1945年    9月に帰仏。アカデミー・ド・ラ・グランド・ショーミエールで教鞭を執る。

1946年    自らのアトリエに私塾を開く。

1950年    ヴェネツィア・ビエンナーレでグランプリを獲得。

1953年    ロッテルダムの記念碑《破壊された都市》除幕。

1959年    国立西洋美術館の開館式に際して、日本政府の招待によりフランス文化使節として来日。奈良、京都、高野山に足を運ぶ。

1961年    オーヴェール=シュル=オワーズのファン・ゴッホ記念像除幕。

1967年    ヌイイ=シュル=セーヌにて没。モンパルナス墓地に眠る。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
雲への挨拶 1956(昭和31)年 水彩、油彩・紙 58.5×43.0
ヴィーナスの誕生 1930年 ブロンズ H112
ページのトップへ戻る