トップページ  > 所蔵品検索  >   > 小出楢重


小出楢重 こいでならしげ

生没年

1887-1931

出身国

日本

記事

荒屋鋪透 小出楢重|裸女立像 友の会だよりno.13 1986.11.5
学校美術館伊勢市立北浜中学校パンフレット(2003.6)p.3
学校美術館久居市立桃園小学校展パンフレット(2003.6)p.4
東俊郎 作品解説;小出楢重《パリ・ソンムラールの宿》、三重県立美術館所蔵作品選集 2003.10
学校美術館尾鷲市展パンフレット(2004.6) p.4
移動美術館 員弁コミュニティプラザ
 『建物のある風景』 出品目録+ガイド(2008.11.12)
《パリ・ソンムラールの宿》;他の作品解説

略歴

1887(明治20)年 大阪市南区長堀橋筋に生まれる。

1907(明治40)年 東京美術学校西洋画科を受験したが日本画科にまわされる。2年後転科。

1914(大正3) 年 東京美術学校西洋画科を卒業、大阪に帰る。

1919(大正8) 年 二科会展に出品し樗牛賞、翌年に二科賞を受賞。

1921(大正10)年 フランス留学、ほぼ半年で帰国。

1924(大正13)年 鍋井克之らと大阪信濃橋洋画研究所を創設、後進の指導にあたる。

1927(昭和2) 年 最初の随筆集『楢重雑筆』(中央美術社)を出版。

1931(昭和6) 年 芦屋の自宅で逝去。43歳。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
パリ・ソンムラールの宿 1922(大正11)年 油彩・板 51.5×44.5
裸女立像 1925(大正14)年 油彩・キャンバス 53.2×45.5
六月の風景 1929(昭和4)年 油彩・キャンバス 53.0×65.1
ページのトップへ戻る