トップページ  > 所蔵品検索  >   > 宮崎進


宮崎進 みやざきしん

生没年

1922-

出身国

日本

記事

宮崎進展図録 1995.1
移動美術館 かめやま美術館
 『近代の風景画-三重県立美術館所蔵品展』 出品目録+ガイド(2008.10.15)

略歴

1922(大正11)年  2月15日、山口県徳山市に生まれる。

1938(昭和13)年  上京し、本郷絵画研究所に通う。
            翌年日本美術学校油絵科に入学。

1942(昭和17)年  日本美術学校卒業後、広島市の西武2部隊に入隊、後ソ満国境守備隊395に所属。

1945(昭和20)年  49年まで、シベリアの収容所に収容される。

1957(昭和32)年 光風会第43回展に『静物』を出品(1972年まで出品)。

1965(昭和40)年 銀座の資生堂ギャラリーで第1回個展。

1967(昭和42)年 『見世物芸人』で第10回安井賞受賞。

1972(昭和47)年 74年までパリに滞在。

1981(昭和56)年 多摩美術大学油絵科教授となる(1992年まで)。

1986(昭和61)年 池田20世紀美術館で『宮崎進の世界展』開催。
            求龍堂から『宮崎進画集1953-1986』出版。

1989(平成 1)年 池袋の西部アートフォーラムで『湧現する内なる風景 宮崎進展』開催。
1994(平成 6)年 下関市立美術館、笠間日動美術館、平塚市美術館、三重県立美術館、新潟市美術館で『宮崎進展』開催(翌年まで)。
1995(平成 7)年 第10回小山敬三美術賞受賞。

館蔵作品

作品名 制作年 材料 寸法
孤独な人(男) 1993(平成5) 麻布、綿布、紙テープ、油彩・合板 194.0×152.0
捕われた男 1955(昭和30)年 油彩・布・板 117×90.9
石狩 1958(昭和33)年 油彩・キャンバス 65.2×90.9
風景 1982(昭和57)年 油彩・キャンバス 73.0×91.0
無常 1994(平成6)年 ミクストメディア 194×259
腰かけるひと 1986(昭和61)年 鉛筆、水彩・紙 109.9×79.0
"Silence"のための習作 1986(昭和61)年 鉛筆、水彩・紙 109.9×79.0
ページのトップへ戻る