西王母図


コレクション

小津家寄贈

ジャンル

絵画(日本画等)

作者名

月僊
Gessen

制作年

1770(明和7)年

材料

絹本着色

寸法

73.9×30.1

署名

右上: 明和庚寅月仙写 「玄瑞字玉成」(白文方印)

寄贈者

旧小津家寄贈

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

Xi Wangmu
関連資料

解説

 岩にひじをついて、たたずむ女性がひとり。彼女の衣装や髪飾りは、日本のものでばないようである。さらに、この女性は、何か実のなった小枝を手にしている。
 この果実は桃。桃の実を持った女性が描かれていたら、西王母であることが多い。西王母とは、漢の武帝に、三千年に一度実る桃を与えたとされる中国の伝説上の仙女である。
 画面右上の落款から、明和七(一七七〇)年に月僊により描かれた作品であることが分かる。伊勢寂照寺の僧であった月僊は、多くの作品を残しているものの、その画歴は明らかではない。本作は、制作年代が分かるという点で重要な作品であるといえるだろう。 (佐藤美貴 中日新聞 1997年8月8日掲載)

展覧会歴

村松以弘ゆかりの画人展(掛川市二の丸美術館 2002)
コレクション展 物語る美術(三重県立美術館 2011)
曾我蕭白と伊勢の近世美術(石水博物館 2012)
コレクションの全貌展(三重県立美術館 2013)
縁起もの 版画と絵画で楽しむ吉祥図像(町田市立国際版画美術館 2013)

文献

週刊江戸46号((株)ディアゴスティーニ・ジャパン発行、2010)
English
ページのトップへ戻る