トップページ  > 所蔵品検索  >  所蔵品詳細検索  > 所蔵品一覧  >  版画集 『小さな世界』 全12点

版画集 『小さな世界』 全12点


コレクション

-

ジャンル

版画

作者名

カンディンスキー、ワシリー
KANDINSKY, Wassily

制作年

1922年

材料

木版、 リトグラフ、ドライポイント・紙

寸法

35.5×28.0他

署名

-

寄贈者

-

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

Collected Prints "Kleine Welten" (Set of Twelve Prints)
関連資料

解説

木版と石版と銅版各四点ずつ全十二点からなる版画集「小さな世界」のうちの一点。
木版で黄色、緑、青を使っているが、なんといっても地色の黒が印象的ではないだろうか。
 具象的な物の形を吸い込んでしまう、カンディンスキー的な内部宇宙の暗黒。
しかしその上に、ひとめではなんだかわからない種々の形がひしめいて、にぎやかなリズムを奏でている。
もっとも、そこは小さいながらも宇宙なのだから、音は聞こえないけれど。 
ロシア革命政府の文化政策に失望して、再びドイツに戻ったカンディンスキーは、一九二二年ワイマールに創設されたバウハウスに招かれた。
この作品は、この新しい環境でのいわば仕事始めである。
それまで繰り返してきた抽象画の実験のすべてを、いったん蓄えて、未来の可能性を探る。
試みはささやかだけれど、意図は大きい。
 抽象画というのは決して国籍不明の作品ではないということも、カンディンスキーは教えてくれる。
彼の描く色はまぎれもなく、あのロシアの色だし、不思議な曲線を作る形もそうだろう。
忘れ難い個人的な記憶から生まれた形もある。
例えば、馬に乗った二人の男が、この黒い宇宙を疾走していくのが見える。
(東俊郎 中日新聞 1990年9月21日掲載)

展覧会歴

抽象美術へのいざない展(国立国際美術館 1995)、プリント・ワンダーランド 親と子でみる版と版画(平塚市美術館 1995)

文献

-
English
ページのトップへ戻る