裸婦


コレクション

安井曾太郎 館蔵作品一覧

ジャンル

水彩・素描

作者名

安井曾太郎
YASUI Sotaro

制作年

1914年(大正3)年頃

材料

パステル・紙

寸法

62.9×48.0(パネル65.2×50.2)

署名

左下:「曽」(朱文方印)

寄贈者

-

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

Nude
関係サイト 安井曾太郎 館蔵作品一覧
関連資料

解説

 このパステル画は、たぶん安井がフランス留学中に描いたものであろう。裸婦の描写は力強くて鋭い硬質の線描によって、まるで浮彫りのような立体感にあふれている。また透明感のある青とピンクの色も、線描の強さを増すのにひと役買っている。
 安井は、一九〇七年から一九一四年にかけてフランスに滞在し、当時の画壇で神格化されつつあったセザンヌの影響を受けた。この「裸婦」も、われわれにセザンヌの水彩画を思い起こさせるかもしれない。
 帰国後の一九一五年に、安井は渡仏中に制作したセザンヌ風の絵画を、二科会展の会場に特別陳列した。それらの色感豊かな作品群は、関根正二や小出楢重などの若い画家たちに衝撃を与え、洋画界に新風を吹き込むことになる。
 つまり、この時代の日本の画家たちのセザンヌ風の作品は、安井を介してのセザンヌ理解である場合が多かった。このパステル画は、そうした時代思潮の証言でもある。 (中谷伸生 中日新聞 1989年11月18日掲載)

展覧会歴

安井曾太郎展(兵庫県立近代美術館 1996)
近代日本の裸婦展(井原市田中美術館 2000)
歿後50年 安井曾太郎展(宮城県美術館、茨城県近代美術館、三重県立美術館 2005)no.147
安井曾太郎の世界―人物画を中心に―(ふくやま美術館、佐倉市立美術館 2014)

文献

-
English
ページのトップへ戻る