トップページ  > 所蔵品検索  >  所蔵品詳細検索  > 所蔵品一覧  >  ブルターニュの舟行

ブルターニュの舟行


コレクション

-

ジャンル

水彩・素描

作者名

満谷国四郎
MITSUTANI Kunishiro

制作年

制作年不詳

材料

水彩・紙

寸法

22.5×28.4

署名

ブルターニュの舟行M(□の中にM)

寄贈者

-

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

Boating in Brittany
関連資料

解説

 淡く彩色された画面いっぱいに、ボートをのんびりと漕ぐ男が描かれている。この水彩は小さなスケッチに過ぎないが、当時画家自身に訪れていた転機を考えると、大変意味深い作品といえるかもしれない。
 明治が大正に変わろうとする前夜、満谷国四郎は二回目のフランス留学に向かっている。最初の留学と同じく、まず画塾に入門し、しっかりとデッサンを学ぶ毎日である。三十八歳という年齢での外国滞在は、決して安穏なばかりではなかったが、若い友人との共同生活は楽しいものだった。
 満谷は思い切って画塾や、かつて彼が従っていた暗く窮屈な描法、線や陰影に支配されていた油彩画から離れ、明るいフランスの空のような色彩を作品に採り込んでいく。
 その試みは、帰国後の自由で装飾的な作品に結実するが、それはまさに明治の洋画が、大正に移った証といえる転身でもあった。 (荒屋鋪透 中日新聞 1993年3月12日掲載)

展覧会歴

エトランジェ―異国への眼差し(三重県立美術館 2012)

文献

-
English
ページのトップへ戻る