自画像


コレクション

-

ジャンル

水彩・素描

作者名

岸田劉生
KISHIDA Ryusei

制作年

1917(大正6)年

材料

クレヨン、コンテ・紙

寸法

29.8×23.0

署名

左上:December / 20. 上中央:(モノグラム) 右上:1917

寄贈者

-

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

Self-portrait
関連資料

解説

 画家二十六歳の自画像である。画面右上に一九一七年、左上に一二月二十日とある。この年、劉生は神奈川県鵠沼に療養のため転居している。
 自ら主宰した「草土社(そうどしゃ)」結成と前後して、彼は多忙を極めていた。草土社には、木村荘八、中川一政、河野道勢(みちせい)らが名を連ねた。会の名称は第一回展に出品された劉生の風景画「赤土と草」によっている。
 湘南地方の温暖な気候によって、画家は再び健康を取り戻した。この自画像に見られる劉生の自信あふれる表情からは、新しい時代にたつ芸術家の使命感が感じられる。
 黒色のコンテで輪郭をとり、赤褐色のサンギーヌで調子をつけ、白でハイライトを施した画面は、それが素描であっても、一点の完成作といえよう。 (荒屋鋪透 中日新聞 1990年6月15日掲載)

展覧会歴

日本洋画のれきし 三重県立美術館コレクションによる(茨城県立近代美術館 2000) no.30
岸田劉生展(愛知県美術館、神奈川県立近代美術館、笠間日動美術館 2001)
美術を楽しむ散歩道―三重県立美術館名品展Ⅰ 日本洋画の楽しみ(川越市美術館 2003)
―内なる美を求めて―劉生と京都(京都市美術館 2003)
生誕120周年記念 岸田劉生展(大阪市立美術館 2011)
愛知のリアリズム(豊田市美術館 2014)

文献

-
English
ページのトップへ戻る