トップページ  > 所蔵品検索  >  所蔵品詳細検索  > 所蔵品一覧  >  青い服を着た若い女

青い服を着た若い女


コレクション

-

ジャンル

絵画(油彩画等)

作者名

ルノワール、オーギュスト
RENOIR, Auguste

制作年

1876年頃

材料

油彩・キャンバス 

寸法

42.9×31.0

署名

右下:Renoir

寄贈者

(財)岡田文化財団寄贈

来歴

Ambroise Vollard, Paris.
Alfred Savoir, Paris.
Jean-Claude Savoir, Coppet.
Wildenstein and Co., New York.

初出展覧会

-

作品名欧文

Jeune femme en bleu
関係サイト →他の作品解説
関連資料

解説

870年代後半のルノワールの作品の見せる振幅は画家の模索と葛藤の証である。
例えば、《ムーラン・ド・ラ・・ギャレットの舞踏会)》(1876年、オルセー美術館)に代表される、同時代のさんざめく男女の風俗を描く大作が屹立すれば、《習作(陽光の中の裸婦) 》(1875年、オルセー美術館)のごとき、印象主義の面目躍如の素早いタッチの冴えが光る一枚も顔を見せる。さらにここに挙げた《青い服を着た若い女》に至っては、抑制された色彩と安定した左右対称の構図とがあいまって、肖像画の背負う期待を裏切らない出来である。透けるような肌は細心の彩色の妙技であり、襟の白さはハイライトの効果をもたらし、黒髪と胸元のリボンが、彼女の端正な顔立ちをさらに際立たせる。
共同出資によって開催した印象派展が意に反して悪評を浴び、当てにした作品の売れ行きも芳しくない。困窮にもがくルノワールにおいて、社交界の人々からの肖像画の注文は、生活の糧を得る手堅い手段として次第に画業の大きな位置を占めていく。
しかし同時にそれは、顧客の容貌や満足への従属が時に芸術的な自発性をも犠牲にせねばならぬ危険もはらみ、1880年代以降の彼の絵画制作に影を落とすこととなる。(生田ゆき)((三重県立美術館所蔵作品選集(2003)より)

展覧会歴

Fifty Years of French Painting from Renoir to Modigliani, Newhouse Galleries, New York, 1932, no.1.
XXI esposizione biennale internazionale d'arte, Venezia, 1938, p.245, no.11.
Cien annos de pintura francesca, Institut francais de l'Amerique latine, Mexico, 1953, no.7.
Obras de arte Frances del siglo XIX, Musee National d'Art moderne, Mexico, 1959.
De l'Impressionisme a l'Ecole de Paris, Musee de l'Athenee, Geneve, 1960, no.73.
Chefs-d'oeuvre des Collections suisses:de
Manet a Picasso, Palais de Beaulieu, 1964,
no.58.
Chefs-d'oeuvre des Collections suisses:de Manet a Picasso, Musee de l'Orangerie, Paris, 1967, no.54.
ルノワール展(読売新聞社 1971) no.5
ルノワール展(名古屋市美術館 1988) no.10
ルノワール展(東武美術館、京都市美術館、笠間日動美術館 1993) no.1
ルノワール-近代の眼(川村記念美術館、宮城県美術館、北海道立近代美術館 1999)no.43
(財)岡田文化財団設立20周年記念展(三重県立美術館 1999) no.1-1
子ども美術館展―作品解剖学(三重県立美術館 2000) no.2 
珠玉の近代絵画-岡田文化財団コレクションより-(四日市市立博物館 2001) no.1-1
子ども美術館総集編展(三重県立美術館 2001)no.41
マネ展(奈良県立美術館 2001) no.89
モネからセザンヌへ-印象派とその時代(秋田県立近代美術館、埼玉県立近代美術館 2002)
岡田文化財団コレクション―珠玉の近代絵画展(そごう美術館・横浜 2004)
未来への贈りもの―岡田文化財団寄贈作品展(三重県立美術館 2009)
August Renoir: Promises of Happiness(Seoul Museum of Art 2009)pp.94-95
ルノワール展 伝統と革新(国立国際美術館 2010)
コレクションの全貌展(三重県立美術館 2013)
ヤマザキマザック美術館コレクション展(ヤマザキマザック美術館 2014)

文献

The Art News, New York, 12 March 1932, p.9 and reprod. on the cover.
L. Moholy, “Current and Forthcoming Exhibitions”, Burlington Magazine, London, September 1964, p.435.
Francois Daulte, Auguste Renoir, Catalogue Raisonne de l'oeuvre peint I: Figures 1860-1890 , Lausanne, 1971, no.169.
E. Fezzi, L'Opera completa di Renoir nel Periodo impressionista 1869-1883, Milan, 1972, p.100, no.254.
『週刊西洋絵画の巨匠3 ルノワール』(小学館 2009)p.41
English
ページのトップへ戻る