外房しけのあと


コレクション

-

ジャンル

絵画(油彩画等)

作者名

山本鼎
YAMAMOTO Kanae

制作年

1942(昭和17)年

材料

油彩・キャンバス

寸法

90.9×117

署名

左下:鼎

寄贈者

-

来歴

-

初出展覧会

-

作品名欧文

After a Storm at Bo(-)so(-)
関連資料

解説

 空、波など各部に黄、緑などが混ぜられているが、全体は明るいグレーの変化としてまとめられており、強い色を避けてある。塗りは薄いが、透明感はない。筆致も動きを生むというほどのものではない。主張が乏しいともいえよう画面は、しかし、一種奇妙な雰囲気をたたえている。
 画面を右から左まで占めるので、海はせりあがってくるように見える。下端の受け皿状の地面が、さらに海を宙づりにしよう。そこで水の物質感が強調されるわけでもなく、波が織りなす模様は平面的なパターンに近い。
 ただ、そこに合理的な構造は見いだしがたく、ために、かえって流動的な息づきが生じている。形さだまらぬ表面として、実在感もなく、無限に変転しうるそれは、海が見る夢かもしれない。 (石崎勝基 中日新聞 1990年2月9日掲載)

展覧会歴

アートヴェンチャー 冒険美術 -水のいたずら-(滋賀県立近代美術館 1997)
日本洋画のれきし 三重県立美術館コレクションによる(茨城県立近代美術館 2000) no.62
イメージの水位:ナルキッソスをめぐる変容と反射(豊田市美術館 2004)
水をめぐる100年の物語 水の表現展~大観・栖鳳から現代作家まで~(豊川市桜ケ丘ミュージアム 2010)

文献

-
English
ページのトップへ戻る