浜辺


コレクション

藤島武二 館蔵作品一覧

ジャンル

絵画(油彩画等)

作者名

藤島武二
FUJISHIMA Takeji

制作年

1898(明治31)年

材料

油彩・板

寸法

23.5×32.5

署名

右下:A mon cher Nagahara / T.Foudjishima / '98

寄贈者

-

来歴

長原孝太郎; 長原坦; 三重県立美術館

初出展覧会

-

作品名欧文

Beach
関係サイト 藤島武二 館蔵作品一覧
関連資料

解説

 小さな板に描かれた、この油彩の右下には、フランス語で「我が友、長原君に。藤島武二」とある。長原とは、東京美術学校で教鞭(べん)をとった画家、長原孝太郎である。絵が贈られた年の明治三十一年、長原は黒田清輝の推薦を受けて、美術学校の助教授となっている。
 当時、藤島武二も、三年間の中学校の教員生活に終止符を打ち、やはり黒田の推挙により、美術学校で学生の指導にあたっていた。この板絵は、ともに三十代である画家の友情の証(あかし)であった。
 画面には、小さいながら巧みな筆致で、静かな浜辺の風景を背景にして、小舟が描かれている。鹿児島生まれの藤島には懐かしい風景であろう。東京美術学校に西洋画科が開設されたのは明治二十九年。まだ日本の油絵も画家も、若かった時代の話である。 (荒屋鋪透 中日新聞 1988年10月15日掲載)

展覧会歴

藤島武二展(高岡市立美術館、愛知県美術館 1989) no.4
湘南の文学と美術(平塚市美術館 1993) no.65
境界の風景(リアス・アーク美術館 1994)
藤島武二展(ブリヂストン美術館、石橋美術館 2002)
イメージの水位:ナルキッソスをめぐる変容と反射(豊田市美術館 2004)

文献

-
English
ページのトップへ戻る