沼の落日


コレクション

-

ジャンル

絵画(油彩画等)

作者名

フォンタネージ、アントニオ
FONTANESI, Antonio

制作年

1876-78年頃

材料

油彩・キャンバス

寸法

39.5×61.0

署名

右下:A.Fontanesi Tokio 29 Au□□

寄贈者

(財)岡田文化財団寄贈

来歴

三條公輝旧蔵

初出展覧会

-

作品名欧文

Sun Setting on the Marsh
関連資料

解説

 明治九年、お雇い外国人の一人として来日したイタリア人の画家フォンタネージは、日本の洋画界に多大な功績を残した。
 彼の滞在は二年にも満たないわずかな期間であったし、教えることになった学生たちは油絵を初めて扱うものがほとんどであったが、この有能な画家は、現在の美術大学でさえ教えないような高度な授業を展開した。
 西洋の伝統的な絵画技法のみならず、絵画空間をいかに成立させていけばよいのか、まさに西洋の芸術思想史をも教授した。学生のなかには、浅井忠、五姓田義松、山本芳翠ら今日評価の高い洋画家が育っていったが、年齢制限のために学生となれなかった高橋由一も彼に教えを受けたことで作品が飛躍的に上達した。
 本作品は夕日が木立に隠れようとする、まさにモノトーンの世界へと移り変わる風景である。この場面にふさわしく、茶褐色を基調にしたわずかな色数で描かれているが、なぜか複雑な色彩を感じさせる。そしてなによりも、力強くのびやかな筆触がこの作品の魅力である。 (田中善明 中日新聞 1997年4月25日掲載)

展覧会歴

日本洋画のれきし 三重県立美術館コレクションによる(茨城県立近代美術館 2000) no.1
珠玉の近代絵画~岡田文化財団コレクションより~(四日市市立博物館 2001)
岡田文化財団コレクション―珠玉の近代絵画展(そごう美術館・横浜 2004)
未来への贈りもの―岡田文化財団寄贈作品展(三重県立美術館 2009)
至高なる風景の輝き-バルビゾンからの贈りもの(府中市美術館 2010)
エトランジェ―異国への眼差し(三重県立美術館 2012)
コレクションの全貌展(三重県立美術館 2013)
生誕140年 中澤弘光展(三重県立美術館、そごう美術館 2014)

文献

MARCO CALDERINI, Antonio Fontanesi, Pittore Paesista. 1818-1882. Paravia, Torino 1901. 2ed. Lattes, Torino 1925.
CARLO CARRA, Fontanesi "Valori Plastici" ed., Roma 1924.
MASSIMO CARRA, Antonio Fontanesi. "I Maestri del colore" n.122 Fratelli Fabbri, Milano s. d. [1966]
MARZINO BERNARDI, Antonio Fontanesi. E. R.I.., Torino 1967.
隈元謙次郎『明治初期来朝伊太利亜美術家の研究』 (三省堂 1940年) PL. 4
フォンタネージ、ラグーザと明治前期の美術展 東京国立近代美術館 1977
井関正昭『画家フォンタネージ』(中央公論美術出版 1984年) pp. 245-246.
森本孝「アントニオ・フォンタネージ『沼の落日』」(『ひるういんど』三重県立美術館ニュース) 59号 1998年
English
ページのトップへ戻る