このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

企画展 スペインの彫刻家 フリオ・ゴンサレス展

2016年2月9日(火) 〜2016年4月10日(日)

 

開館時間 9:30−17:00(入館は16:30まで)

  休館日 毎週月曜日

            (ただし、3月21日は開館)、

             3月22日(火)

  観覧料 一般1,100円(900円)、

             学生900円(700円) 

             高校生以下無料

             ( )内は前売り、20名以上の団体料金      

       「舟越桂 私の中のスフィンクス」とのセット券(当日券のみ)

一般1,500円 学生1,300円

 

主な前売り券発売所

チケットぴあ、サークルKサンクス、セブン-イレブン他

 

・この料金で常設展示もご覧いただけます。

・学生の方は生徒手帳、学生証等をご提示ください。

・障害者手帳等をお持ちの方及び付添いの方1名は観覧無料。

・家庭の日(2月21日、3月20日)は、団体割引料金となります。

・交通:近鉄、JR津駅西口から徒歩約10分。ご来館には公共交通機関をご利用ください。

 

主催:三重県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
    後援:駐日スペイン大使館
    協力:日本航空
    協賛:ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
    助成:公益財団法人岡田文化財団、公益財団法人三重県立美術館協力会
    企画協力:SDアート

 

Exhibition developed in cooperation with the IVAM., Institut Valencià d’
Art Modern and Philippe Grimminger

 

《座る女 I》

1935年頃、ブロンズ(鋳造)

IVAM蔵

 

展覧会の概要

 

フリオ・ゴンサレス(1876-1942)は、「鉄の彫刻のパイオニア」として名高いスペインの彫刻家です。バルセロナで生を受け、十代の頃から金工細工師の父の下で修業を積んだゴンサレスは、装飾芸術の職人として優れた技量を発揮します。一方で世紀末のバルセロナを席巻した芸術様式「モデルニスモ」の空気に触れたゴンサレスは、次第に画家になる夢を膨らませ、1900年に一家でパリのモンパルナスへと移住します。芸術の都パリでは、故郷スペイン出身の芸術家や作家のグル―プと親しく交わり、その中には若き日のパブロ・ピカソ(1881-1973)やパブロ・ガルガーリョ(1881-1934)の顔もありました。
 始めは絵画に関心を寄せていたゴンサレスが彫刻へと軸足を移すことになるのも、こうした人々の交流の結果です。金属の扱いに長けているゴンサレスを頼りにした芸術家たちとの共同制作が行われました。その中でも特に、1928年から31年頃までのピカソとの共同制作は、円熟期を迎えた2人の芸術家の個性のぶつかり合いとも言え、それらは1930年代のゴンサレス作品の数々の傑作へと結実します。ピカソとの共同制作において初めて彫刻に導入した「溶接」という技法は、全く新しい形態を生み出すこととなり、ゴンサレスが20世紀芸術に対して行った最も重要な貢献であると言ってよいでしょう。
 これまで日本においてまとまった形でゴンサレスが紹介されたのは、1975年、1987年の2度に限られ、本展はゴンサレスを体系的に紹介する初めての機会となります。世界有数のゴンサレス作品のコレクションを誇るバレンシア現代美術館(IVAM)と著作権継承者のフィリップ・グリマンジャー氏のコレクションから構成された94点(彫刻55点、ドローイング29点、金工細工・アクセサリー10点)のほとんどが日本初公開となる貴重な作品ばかりです。
この展覧会を機に近代スペインの偉大な彫刻家ゴンサレスの世界を味わっていただくとともに、同時開催の舟越桂展と合わせて、彫刻における素材や表現方法の多様性に思いをめぐらせていただけることを期待します。

フリオ・ゴンサレス《切り抜かれたマスク(小):モンセラ》

《切り抜かれたマスク(小):モンセラ》

1930-33年頃 、鉄(鍛造、切断)

IVAM蔵

 

展覧会の構成


@「彫刻家」への道程
A 彫刻家の誕生―平面から立体へ
B 空間とのコラボレーション―素材としての空間
C 石の頭部―量塊をめぐる試行
D 終わりなき探求
E 金工職人としての仕事

 

会期中のイベント

 

ディレクター・トーク〔館長による講演〕

2016年3月20日(日)午後2時から

ゴンサレス展と同時開催の舟越桂展、2つの展示についてご紹介します。

 

会場:美術館講堂 事前申込み不要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時開催

 

「舟越桂 私の中のスフィンクス」 

2016年2月9日(火)−4月10日(日) 企画展示室

 

「美術館のコレクションV」 

2016年2月9日(火)−3月27日(日)2F常設展示室


 
ページのトップへ戻る