このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

真昼の夢、夜の寝覚め ―昼夜逆転の想像力― 

2015年5月16日(土)−6月28日(日)  

開館時間=9:30-17:00(入館は16:30まで)

休館日=毎週月曜日

 

観覧料=

一般700(500)円

 

学生600(400)円

 

高校生以下無料

 

(  )内は20名様以上の団体割引料金

 

学生の方は生徒手帳・学生証等をご提示ください。

 

 

*この料金で常設展示もご覧いただけます。

*障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料

 

*教育活動の一環として県内の小・中・高・特別支援学校が来館する場合、引率者も観覧無料。

 

*家庭の日(5月17日、6月21日)は団体割引料金でご覧いただけます。

  

 

 

主催:三重県立美術館

助成:公益財団法人岡田文化財団、公益財団法人三重県立美術館協力会

展覧会の概要 

 

 夜が私たちに開いてくれた無限の眼こそ、私たちには、あの大空にかがやく星にもまさって貴く思われる。 

ノヴァーリス『夜の讃歌』

  

 昼と夜が入れ替わる。あるいは、両者の区別が曖昧になる。そのような状況に陥ったとき、私たちの想像力は思いがけない飛躍を果たします。

 上のノヴァーリスの詩句に見る様に、夜の闇は多くの詩人や文学者たちを魅了してきました。また、受験勉強や原稿書きなど、真夜中のほうがよくはかどったという経験は、誰しもあるのではないでしょうか。そんな夜の闇に潜んだ私たちの霊感を呼び覚ます思議な力は、美術家の心をも捉えてきたはずです。

 一方、美術作品に表現されたイメージのなかには、白昼夢とも呼べるようなヴィジョンを見出すことができます。本展では、そんな多くの作品のなかから、「幻視」と「蜃気楼」という二つのキーワードに沿って作品を選び、昼間に見る夢や幻の形象について検討します。

 昼に活動をして、夜には目を閉じ休息する。そんな日常の循環から逸脱した際にふいに訪れるインスピレーションは、どのように美術作品と関わっているのでしょうか。本展では、そうした昼夜逆転の状況が生む想像力の不思議を、所蔵作品を通してご紹介します。

 

展覧会構成

第1章 薄明の時間

第2章 夜の寝覚め

     〈にぎやかな夜〉〈夜の彷徨〉〈夜行性〉〈星空〉

第3章 真昼の夢

     〈幻視〉〈蜃気楼〉〈終わらない眠り〉

 

展覧会チラシ

作品リスト

 

エドヴァルド・ムンク 《窓辺の少女(マイヤー・グレーフェ・ポートフォリオより)》   

エドヴァルド・ムンク

《窓辺の少女(マイヤー・グレーフェ・

ポートフォリオより)》

1894年 

古賀春江《煙火》 

古賀春江《煙火》1927年

 

イケムラレイコ《夜の浜辺》 

イケムラレイコ《夜の浜辺》

2002-2003年 

 

藤森静雄《失題B》

藤森静雄《失題B》1914年

 

 

 

 

会期中のイベント 

ギャラリー・トーク

5月23日(土)  終了しました

6月21日(日)  終了しました

いずれも14:00−(各1時間程度)

 

担当学芸員が、展覧会会場で本展について解説します。

 

事前申込不要。ただし、展示室に入室するため観覧券が必要です。

 

 

ギャラリートーク番外編「本から生まれた展覧会」 

5月29日(金)18:30-20:00

終了しました

ギャラリートークの番外編として三重県立図書館を会場に、本展担当学芸員が構想の元となった文学作品とともに企画展の見どころをご紹介します。さらに県立図書館司書からの「夜本」のおススメもあります。

 

会場:三重県立図書館1階閲覧室

主催:三重県立図書館 三重県立美術館

参加費:無料 

定員:先着50名

 

お申込み:

下記の連絡先に参加をご希望の方の、お名前、ご連絡先をご連絡ください。お申込みは定員になり次第締め切らせていただきます。

 

 三重県立図書館「出張ギャラリートーク」係

 電話 059-233-1181

 ファックス 059-233-1191

 電子メール mie-lib@library.pref.mie.jp

 窓口 県立図書館カウンター

 申込フォーム 県立図書館ウェブサイトより送信

 

「本から生まれた展覧会」チラシ

 

昼夜逆転の本棚

三重県立図書館の蔵書を会期中特別にお借りして、展覧会の構想の元となった文学作品や、夜や夢をテーマとした書籍を自由に閲覧できるコーナーを用意しています。

 

場所:企画展示室休憩ロビー

 

協力:三重県立図書館

 

お茶会 

こちらのイベントは終了しました

5月16日(土)、5月17日(日)、

5月23日(土)、5月24日(日)

いずれも10:00−16:00

 

 

お抹茶を立礼席にてお召し上がりいただけます。

 

 

一服400円(茶菓子付き)

 

会場:三重県立美術館エントランスホール

主催:三重県立美術館友の会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋本平八《弱法師》 

橋本平八《弱法師》1934年 

中村彝《中原悌二郎像》

中村彝《中原悌二郎像》

制作年不詳 

 

 ※掲載作品は全て三重県立美術館所蔵。

 

 

 

 

 

 

休憩ロビー  昼夜逆転の本棚

休憩ロビー

昼夜逆転の本棚

※その他のイベントの詳細については、当ウェブサイトおよびツイッターを随時ご参照ください。   

  

特別ランチ

レストラン「ミュゼ・ボンヴィヴァン」にて、展覧会期間中限定の特別ランチをご用意しています。

■2500円(税込)

前菜

〜イケムラレイコ《夜の浜辺》をイメージして〜

前浜産 白身魚カルパッチョ

茄子のマリネをソースにして

メイン

〜真昼の夢 私のヴィジョン〜

魚介とベーコンのカネロニ

イカ墨のカプチーノソース

デザート

〜夜の目覚め 闇に潜んだインスピレーションをデザートに〜

新じゃがいもとカルーアのババロア

プラリネグラッセをアクセントに

 

※食後にコーヒーまたは紅茶が付きます。

 

〈ご予約/お問合せ〉TEL 059-223-7070

同時開催

受贈記念

魚住誠一写真展

【場所】三重県立美術館 企画展示室第4室 

【会期】2015年5月16日(土)~6月28日(日)

 

特集展示 

島田鮎子

【場所】三重県立美術館 柳原義達記念館

【会期】2015年4月4日(土)~6月21日(日)

 

 

真昼の夢、夜の寝覚め ―昼夜逆転の想像力― 特別ランチ

右:メイン 左上:前菜 左下:デザート

その日の仕入れ状況によって、内容は多少変更になる可能性があります

 

 

ページのトップへ戻る