このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」登録10周年記念 カミノ/クマノ ―聖なる場所へ

2014年9月20日(土)-11月24日(月・祝)

カミノ/クマノ展出品リスト   PDF版出品リスト(会場案内図)    展覧会カタログ

 プレスリリース  チラシ  

開館時間=9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日=月曜日(10月13日、11月3日、24日は開館)、10月14日(火)、11月4日(火)
観覧料=
一般900(700)円
学生700(500)円
高校生以下無料
(  )内は前売りおよび20名様以上の団体割引料金
学生の方は生徒手帳・学生証等をご提示ください。

 

 "

 

城戸 保《岩と海》

2014年 c-print 

*この料金で常設展示もご覧いただけます。
*障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料
*家庭の日9月21日(日)、10月19日(日)、11月16日(日)は団体料金となります。
*主な前売り券発売所:
 チケットぴあ、サークルKサンクス、セブン-イレブン他
  
主催=三重県立美術館、読売新聞社

助成=公益財団法人岡田文化財団、

        公益財団法人三重県立美術館協力会

協力=津松菱 

 "


ミエケンジンカイ
インスタレーションのためのイメージ写真

 

展覧会の概要

   

今年、2014年は、三重県・奈良県・和歌山県に所在する3つの霊場(吉野・大峰、熊野三山、高野山)と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駈道、高野山町石道)が、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界文化遺産に登録されてから10周年という節目の年に当たります。ここ三重県を走る伊勢路もまた、伊勢国から熊野三山へと至る参詣道であり、熊野古道の一つです。

 本展のタイトルにある「カミノ/Camino」は、スペイン語で「道」を意味するとともに、霊場である熊野の聖性を示しています。森林、河川、海浜などからなる紀伊山地の豊かな自然と宗教文化は、古来芸術や文学の源泉となって数多くの作品を生み出してきただけでなく、現代においても多くの芸術家たちにインスピレーションを与えています。この展覧会では、熊野を特徴づけている自然と宗教世界に関心を寄せる三重出身の若手作家たちの作品を通じて、熊野の自然と宗教が芸術創造に果たす今日的姿を紹介します。 

 "

水野 勝規 《shrine》2014年 

Blu-rayループ(カラー、サイレント) サイズ可変

出品作家

 

荒川 朋子

城戸 保

水野 勝規

渡部 裕二
ミエケンジンカイ (江口智行、岡村裕次、落合正行、海田修平、須川哲也)

 

 

会期中のイベント

公開制作

荒川朋子・渡部裕二両氏が会期中の週末、

美術館展示室内にて公開制作を行います。

 

公開制作予定日 

荒川朋子 11月22日(土)、23日(日) 

・渡部裕二による公開制作は作品が完成し、終了しました。 

 

 ※詳細は本ウェブサイトおよびTwitter 

 (@mie_kenbi)の最新情報をご覧ください。

 

  ワークショップ 〈終了しました〉
日時:10月25日(土)13:30−

 

建築家を講師に招き、ワークショップを開催します。ダンボールなどの素材を使って、丸太のインスタレーションのなかに家をつくります。

 

講師:ミエケンジンカイ(江口智行、岡村裕次、落合正行、海田修平、須川哲也)

 

場所:三重県立美術館エントランスホールおよび美術体験室 

対象:小学生(3年生以上)

定員:20名 参加費無料

 

往復はがきによる事前申込み(応募多数の場合は抽選)

 

@お名前(ふりがな)A保護者のお名前Bお電話番号C学年と、返信面に返信先をご記入の上、

 

〒514-0007

津市大谷町11

三重県立美術館

「ミエケンジンカイのワークショップ」係

 

まで(10月17日(金)必着)お送りください。

ハガキ1通につき1名のみ有効とします。

 

アーティスト・トーク 〈終了しました〉

参加アーティスト自らが、普段の制作や本展の出品作について語ります。

 

9月21日(日)   城戸 保 

9月28日(日)    水野 勝規

10月26日(日)  ミエケンジンカイ
11月3日(月・祝) 荒川 朋子
11月9日(日)   渡部 裕二

 

場所:企画展示室内 いずれも14:00−

 

展示室に入室するため観覧券が必要です。

美術セミナー 終了しました〉

  世界遺産 クマノ古道と現代の文化

   日時:2014年8月23日(土)10:00〜11:30

 会場:四日市市文化会館 第3ホール

    (四日市市安島2-5-3)

 

 講師:毛利伊知郎(三重県立美術館長)

 

 主催:三重県立美術館友の会 三重県立美術館

 共催:公益財団法人四日市市文化まちづくり財団

       公益財団法人三重県立美術館協力会

 後援:四日市市

担当学芸員によるギャラリー・トーク〈終了しました〉

本展担当学芸員が、展示室内で作品や展示について分かりやすく解説します。

 

10月5日(日) 14:00〜 11月2日(日) 14:00〜 

 

ギャラリー・トークは、展示室に入室するため観覧券が必要です。 

"

荒川 朋子 《木々》2014年 

キャンバス・油彩 130.3×97.0cm
作家蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 "

 

 

渡部 裕二《Kumano》

2014年 鉛筆・紙、板 450.0×750.0cm

撮影:後藤大次郎(den photos)

*週末の公開制作にて制作中。11月初旬完成予定

 

他館関連催事 


開館記念特別展「祈りと癒しの地 熊野」


【場所】三重県総合博物館(三重県津市一身田) 
【会期】2014 年 10月11日(土)〜11月24日(月・祝)

 

特別展「伊勢と熊野の歌」


【場所】斎宮歴史博物館(三重県多気郡明和町)
【会期】2014 年 10月4日(土)〜11月9日(日)

 

 

  同時開催

特集展示

生誕100年 浅野弥衛―描線の詩学―

【場所】三重県立美術館 柳原義達記念館
【会期】2014年10月1日(水)~12月21日(日)

 

 

ページのトップへ戻る