このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B-企画展-6

年報2013年版 【ふるさと知事ネットワーク(三重・福井)美術館交流 特集展示:福井県立美術館所蔵 岩佐又兵衛】

2014年1月4日(土)-3月2日(日)

【主催】…三重県立美術館

【担当】…道田美貴

【デザイン】…谷澤陽佑

* 

展覧会の概要

 全国13の県知事が組織する「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」では、各県の美術館が相互に協力し、より魅力的な展示を目指す事業をおこなっている。第1回展として、福井県立美術館において【版画の競演】(2013年3月1日〜3月24日)が開催された。三重県立美術館からは、ワシリー・カンディンスキー《小さな世界》、オディロン・ルドン《ヨハネ黙示録》、ジョルジュ・ルオー《受難》、マルク・シャガール《サーカス》、M.Cエッシャー《秩序とカオス》、ジョアン・ミロ《岸壁の軌跡》が出品された。その後、奈良県立美術館【開館40周年 館蔵名品展 曾我蕭白と中近世美術の精華】(8月3日〜9月22日)においても、当館所蔵の曾我蕭白《永島家旧蔵 竹林七賢図襖》《許由巣父図襖》《松に孔雀図襖》が紹介された。当館でも、ふるさと知事ネットワーク美術館交流展の一環として、奈良県立美術館と福井県立美術館にご協力いただき、常設展示室内で特集展示を行った。 福井県立美術館も福井にゆかりの深い芸術家の作品収集を一つの特色としている。なかでも、福井藩士を父に持つ岡倉天心(1863-1913)の指導をうけた近代日本の画家たち、福井の地で活躍した岩佐又兵衛(1578-1650)とその周辺作家による作品は質量ともに充実しており、これらの所蔵品を核とした重要な展覧会も開催されている。今回の特集展示では同館所蔵の岩佐又兵衛作品に、当館寄託《堀江物語絵巻》を加え、又兵衛芸術を紹介した。あわせて、三重とゆかりの深い江戸時代の画家・曾我蕭白作品も展観、「奇想の画家」の競演が実現した。

 

 

展覧会開催時のページ

ページのトップへ戻る