このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

B−企画展−1

年報2011年度版 【堀文子展 華々しい収穫のとき】

2011年4月9日(土)〜5月29日(日)

 

【主催】...三重県立美術館、朝日新聞社

【助成】...財団法人岡田文化財団、財団法人三重県立美術館協力会

【協力】...小学館

【企画協力】...株式会社ナカジマアート

【担当】...道田美貴、毛利伊知郎

【デザイン】...烏頭尾秀章(alaka graphis)

堀文子 華々しい収穫のとき 

 

展覧会概要

 自然の美しさや生命の神秘を描き続ける日本画家・堀文子は、1939年、女子美術専門学校(現・女子美術大学)在学中、新美術人協会展に初入選、第二次大戦後も、創造美術、新制作協会、創画会と革新的なグループで活躍を重ねた。風景や動植物など自然界に取材した初期作品には、既に旧来の日本画とは一線を画し、西洋絵画の表現をも取り入れた新しい絵画を目指す強い意志を見ることができる。

 1961年には、エジプト、ヨーロッパ、アメリカ、メキシコなどを単身で巡り、異国の文化を探求。3年に及ぶ欧米旅行は、異国を主題とした斬新な作品を生む一方、堀文子が日本画と向き合い、画家として再出発を果たす契機となった。その後、49歳の時に東京から神奈川県大磯町に転居、12年後には軽井沢にアトリエを構えて大磯と行き来する生活を開始。さらに69歳で単身でイタリア・アレッツォ郊外にアトリエを構え、6年間にわたり日伊を行き来して豊かな自然に取材した作品を描いた。

 自身の感動に根ざした独自の表現と新しいモチーフを常に求めて、堀は80歳を越えても中南米やネパールなどへ取材旅行を行い、異境の風景などに取材した作品を発表し続ける。80歳代半ば以降は、顕微鏡下の微生物や中国古代の甲骨文字など神秘的な自然世界と不可思議な歴史世界からインスピレーションを得た作品で新境地を開き、90歳を越えた現在も、飽くことなく創造を追究し続けている。

 本展では、多様な関心を示す近作、これまで紹介されることのなかった未公開作品、雑誌の原画やデッサンなどを幅広く展観し、多面的な堀文子の芸術世界を紹介した。

 

2011年度年報 堀文子展会場風景(企画展示室1) 2011年度年報 堀文子展会場風景(企画展示室2)
年報2011年度 堀文子展会場風景(企画展示室4) 展示会場風景
左上より時計回りに:
企画展示室1、企画展示室2、企画展示室4

会期中のイベント

朗読コンサート【堀文子の世界】

開催日時 2011年4月23日(土) 18時30分開演

会場 三重県立美術館企画展示室

出演者 青木裕子(軽井沢朗読館館長)、坂田明(ミュージシャン、東京薬科大学生命科学部客員教授)

入場者数 75人 

入場無料

 

主な記事等

【新聞】
朝日新聞

2011.4.10「92歳244の力作 県立美術館日本画家・堀文子展」          

2011.4.16「ナゴヤカルチャー 「転生」重ね、作風多彩に」西岡一正

2011.5.11「美・博ファイル 堀文子展 華々しい収穫のとき」三重県立美術館・道田美貴

2011.5.16「とことん インタビュー」

 

中日新聞 

2011.4.10 「美術館だより 結実」 三重県立美術館学芸員・道田美貴

2011.4.17「美術館だより 猫」 三重県立美術館学芸員・道田美貴

2011.4.24「美術館だより みにくいあひるのこ 原画」 三重県立美術館学芸員・道田美貴

2011.5.1「美術館だより サライ原画 初夏」 三重県立美術館学芸員・道田美貴

2011.5.8「美術館だより トスカーナの田園」 三重県立美術館学芸員・道田美貴

2011.5.15「美術館だより 葉切り蟻の行進」 三重県立美術館学芸員・道田美貴

2011.5.22「美術館だより 華やぐ終焉」 三重県立美術館学芸員・道田美貴

2011.5.29「美術館だより 極微の宇宙に生きるものたちU」 三重県立美術館・道田美貴

 

【雑誌】
『いきいき』 2011年6月号 「自然の美・生命の神秘 堀文子さんの世界」 

 

田中善明「2011年度の展覧会」 HILL WIND 27 2011年3月発行

道田美貴「堀文子展〜華々しい収穫のとき」 友の会だより86号 2011年4月発行

道田美貴「表紙の作品解説 堀文子《極微の宇宙に生きるものたちU》」 友の会だより86号 2011年4月発行

 

展覧会開催時の案内ページ

ページのトップへ戻る