このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展 出品リスト

 

福田繁雄(1932-2009)

《伝統と現代技術-日本のグラフィックデザイナー12人展》

 

1984年

オフセット

103×72.8cm

DNP文化振興財団所蔵

© Shigeo Fukuda

Photo courtesy of Shizuko Fukuda

cat.no.110  

 

福田繁雄《伝統と現代技術-日本のグラフィックデザイナー12人展》1984  

 ダックスフントは胴が長い。というわけで本作品でも、頭の部分から伸びていく胴を目で追っていくと、くるりときれいな円を描いてまわりこむ。漫画的な誇張なのだろうと納得してお尻にたどりつくのだが、ふと気づけば、頭とお尻の関係がおかしい。背中の曲線であったはずの円が、いつの間にかお腹になっている。ここにもまた、平面上でしか成立しないトリックが仕掛けられていたわけだ。

 福田にはダックスフントを扱った作品が他にも何点かある。ある時ダックスフントを描いていたところ、胴が長すぎたので、はさみで切って、少しずらしてつなぐと、不思議なイメージが生まれたのだという*。

 また、上部で三箇所、文字が斜めに配され、円に動きを与える。黒地を抜いた文字や犬の色は、軽快であると同時に豪奢な感触をもたらしている。

(石崎勝基)

中日新聞2011年8月21日

 

*  『タイムトンネルシリーズ Vol.27 福田繁雄 ハードルは潜kuguれ』(ガーディアン・ガーデン、クリエイションギャラリーG8、2008 )、p.47。

ページのトップへ戻る