このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展 出品リスト

 

福田繁雄(1932-2009)

《SHIGEO FUKUDA IMAGES OF ILLUSION 1984》

1984年

シルクスクリーン

103×72.8cm

DNP文化振興財団所蔵

© Shigeo Fukuda

© Photo DNP Foundation for Cultural Promotion

cat.no.114

 

福田繁雄《SHIGEO FUKUDA IMAGES OF ILLUSION 1984》 

 

  二人の人物が腰かけている。しかし二人の配置がおかしなことになっている点に気づくのに、さほど時間はかかるまい。二人が腰を下ろしているのは白い四角の表なのか裏なのか。少なくとも重力に律せられた地上においては、こんなことはありえない。

 三次元の現実では実現しえず、平面上でだけ成立する錯視空間。トリック自体は単純だ。しかしトリックとわかったからといって、奇妙な感触は薄れないのではないだろうか。

 この点を活かすために、福田はデザインを厳格なまでに整理している。人物は記号化されることで、各自の個性ではなく、それが置かれた状況に目を向けさせる。

  暗い青との対比で発光するかのような輪郭の赤。中央の四角と上下の文字は、うがたれた虚のごとき白。三つの色が干渉しあうことで、重力から解放された空間が生じるのだ。

(石崎勝基)

中日新聞2011年7月31日

ページのトップへ戻る