このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展 出品リスト

 

福田繁雄(1932-2009)

《バード・ツリー》

 

1965年

木工 28×22×10cm

二戸市シビックセンター福田繁雄デザイン館所蔵

© Shigeo Fukuda

Photo courtesy of Shizuko Fukuda

cat.no.211

 

福田繁雄《バード・ツリー》1965  *

 

   福田繁雄が玩具の制作を手がけたのは、娘の誕生がきっかけだった。市販の玩具に気に入ったものが見つからず、それなら自分で作ってやろうと思いたったのである。その際、遊んだ後で片づけるのが苦手だった我が身を振り返って、後片づけも楽しめる玩具を目ざしたという。

 この作品は、木の葉っぱの部分を取りだすと、十羽の鳥になる。鳥の数、置き方は幾通りにも変化することだろう。単純なパズルであるからこそ、柔軟な変化の可能性を宿すことができるわけだ。

 福田は「遊びの中に秩序を盛り込もうと試みた」と述べている**。この点は、ポスターのデザインに通じるものと見なせるかもしれない。

 福田における立体作品の端緒となった玩具は、二百点以上制作され、また『おもちゃ』、『手づくり玩具』といった著述にもつながっていくことになった。

(石崎勝基)

中日新聞2011年7月17日

 

* 展示されている作品では、鳥の背中は緑に塗られていません。

**     『福田繁雄 標本箱』、美術出版社、1978、p.111。

ページのトップへ戻る