このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展 出品リスト

 

福田繁雄(1932-2009)

《SHIGEO FUKUDA展》

1975年  

シルクスクリーン

103.0×72.8cm

DNP文化振興財団所蔵

© Shigeo Fukuda © Photo DNP Foundation for Cultural Promotion

cat.no.79

 

 福田繁雄《SHIGEO FUKUDA展》1975

 

   びよ〜んとでも擬音をあてたくなる風情で、黒い弧が白い画面に伸びている。びよ〜んと伸びる、それは線を引くでも筆で書くでもなく、いわんや刻みつけるでもない。伸び縮みするだけの柔軟さや弾力が、そこには宿っているのだ。

 弧の両端は、それぞれ、男性らしき足と女性らしき足に転じている。離れているけれどつながっている、つながっているけれど離れているそのさまに、男女の関係について思いをはせることもできるかもしれない。

 しかしそこに答えはなく、それでいて答えがないからこそ、何度でも問いかけを許容するイメージが、ここには成立している。そのために、白と黒以外の色を排し、しかも弧のイメージ以外では、上下の端にのみ文字の黒を配するという、厳格な構成が選ばれたのだ。

 ただしこの厳格さは、白のひろがりに息をつかせるだけの軽快さと一体化している点を、忘れないでおこう。

(石崎勝基)

中日新聞2011年7月10日

ページのトップへ戻る