このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。


こどもひろば 2009年度

 ファミリープログラム   スクールプログラム

おやこでびじゅつかん

展覧会をオヤコで楽しんじゃおう。 未就学児と保護者
6月13日(土)14:00〜1時間程度
おうちの人と一緒に絵を見ながらお話ししてみましょう。 「えーとね〜・・・」 ん?どれどれ?

びじゅつかんで楽しみ隊

「元永定正展」を見て
元永さんの色、形、線にいっぱい出会いました。
小学生
5月2日(土)・23日(土)
13:30〜2時間程度
「元永定正展」を鑑賞したあと、夏のような日差しの中、美術館の外庭に出ました。こどもたちはおもいっきり、自分の線や形や色を表現しました。

「菊池契月展」より 小学生対象

契月さんにあいに行こうよ!
日本画ってどんな道具を使って描いてるの?水彩絵具?画用紙?よ〜っく見てみると…???
9月26日(土)

午前の部(10:30〜)
午後の部(14:00〜)
それぞれ1時間半程度
筆を使って、契月さんのようなきれいな線を描く姿は、真剣そのもの!シーン…スゴイ集中してます。
作品とにらめっこ!どうやって描いてるのかな?では、実際に岩絵具に和紙に筆を使って日本画を描いてみよう!

「大橋歩展」より 24日4〜6歳、25日小学生対象

大橋さんのイラストの世界を旅しよう!
たくさんのイラストの世界をクルージング。そのあとは...イラストレーターになっちゃう?!
10月24日(土)
10月25日(日)

1時間〜1時間半程度
4〜6歳のこどもたちとスタッフが一緒にイラストの世界を旅しました。いったい何枚あるのかな?1枚、2枚…今何枚まで数えた?(24日) さ〜これはなんだろう?
作品を見ながらスタッフといろんなお話しをしました。(24日)
小学生の子どもたちもイラストの世界を旅しました。イラストってどんなもの?原画と一緒に見て考えよう!(25日) 鑑賞後は、みんなイラストレーターに変身!クライアントは美術館。こどもひろばのイラストを考えてもらいました!クライアントは大満足。(25日)

夏休みびじゅつかんで楽しみ隊

《歩哨都市》ミケル・ナバッロを鑑賞しました。 小学生対象

8月6日(木)・12(水)
三重大学美術教育コースの学生さんたちが、一生懸命、考えて企画したワークショップです。
この都市はどんな都市なんだろう?この都市のどこに行ってみたい?今は夜?昼?・・・お姉さんとお友達とお話ししました。
じゃあ、、、わたしたちも私たちが住みたい町をつくってみようよ。四角い町にビルや家や建ててみようよ。
最後は、一人ひとりの町をくっつけて、大きな都市になりました。
この都市の、どこへ行ってみたい?ビルのてっぺんに、路地の行き止まりに、自分の分身の小石をおいてみました。みんなで楽しくお話をしました。
ページのトップへ戻る