このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

【トリック・アートの世界展】

2010年2月20日(土)−4月11日(日)


開館時間:午前9時30分−午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(3月22日を除く)、3月23日(火)


観覧料:一般=700円(500円)
     高大生=500円(400円)
     小中生=無料


  • ( )内は20人以上の団体割引料金
  • 身体障害者手帳等をお持ちの方及び付き添いの方1名は観覧無料

主催=三重県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、(財)自治総合センター


後援=NHK津放送局


協賛=ライオン、清水建設、大日本印刷


協力=高松市美術館


人間は五感の中でも特に視覚を重視し、目に映るものをそのまま真実として捉えがちです。しかし、見つめている対象は本当に見た通りの実体を持っているでしょうか?見誤り、見落とし、思いこみによる錯覚などは日常茶飯事です。視覚はいともたやすく私たちを欺き、混乱に陥れます。


このような視覚の構造に目を付けた画家たちは古今東西、さまざまな「だまし絵」を手がけ、見る者を欺き、楽しませてきました。視覚へ挑戦する姿勢は現代にも引き継がれ、1960年代の錯視効果を取り入れたオプ・アートや光を用いたライト・アート、70年代の写真表現を利用したスーパー・リアリズム、90年代の古典絵画を引用したパロディー作品など、見る者の視点を意識した多彩でユニークな仕掛けを表現方法に取り込んでいます。


戦後美術を主体とする高松市美術館のコレクションを中心として構成される本展は、視覚の固定化されたイメージに揺さぶりをかける作品を「トリック・アート」としてご紹介します。26人の作家が仕掛けるさまざまなトリックを通して、「見ることの不思議」と「騙される楽しさ」をあらためて体感し、お楽しみください。



【展示構成、出品作家】 29作家、73作品(予定)


 I. 虚と実をめぐって  高松次郎、柏原えつとむ、堀内正和、伊藤利彦、小本章、
 福田繁雄
 II. オプ・アートとライト・アート  ヴィクトル・ヴァザルリ、マルチェロ・モランディーニ、桑山タダスキー、宮脇愛子、桑原盛行、多田美波、伊藤隆康、河口龍夫、吉村益信、佐々木四郎、名和晃平
 III. スーパー・リアリズム  上田薫、チャック・クロース、金昌烈、佐藤正明、鴫剛、中川直人、三尾公三、三島喜美代、坂本一道
 IV, 古典絵画をめぐって  立石大河亞、福田美蘭、森村泰昌

 
 

【会期中の催し】

こどもひろば(キカクテンを楽しみ隊) ※終了しました。
「トリック・アートしちゃう!?」

  1. 3月27日(土) 13:30-15:00 対象:4〜6歳(未就学児)
  2. 3月28日(日) 13:30-15:00 対象:小学生

これまでの「こどもひろば」



展覧会図録 詳細



上田薫
《なま玉子J》
1978年
高松市美術館





河口龍夫
《無限空間におけるオブジェとイメージの相関関係
又は8色の球体》
1968年
高松市美術館





堀内正和
《うらおもてのない帯》
1963年
三重県立美術館





名和晃平
《PixCell [Shoe #6(L)]》
2006年
高松市美術館
高松次郎
《影の圧搾》
1965年
高松市美術館
Yasuko Takamatsu courtesy of
Yumiko Chiba Associates
金昌烈
《水滴 J.T.83003》
1981年
高松市美術館
立石大河亞
《車内富士》
1992年
高松市美術館
佐藤正明
《Subway No 23》
1977年
高松市美術館
森村泰昌
《肖像(ヴァン・ゴッホ)》
1985年
高松市美術館
桑山タダスキー
《円 D138》
1966年
高松市美術館

◆本展覧会は以下の会場を巡回いたします。

豊橋市美術博物館 2009年8月22日−9月23日 ※終了しました。
北海道立釧路芸術館 2009年11月21日−2010年1月20日 ※終了しました。
ふくやま美術館  2010年4月17日−6月13日 ※終了しました。
損保ジャパン東郷青児美術館 2010年7月10日−8月29日※終了しました。
長野県信濃美術館 2010年9月4日−10月24日※終了しました。
宮崎県立美術館 2010年11月3日−12月5日
八戸市美術館 2010年12月18日−2011年1月30日
高松市美術館 2011年4月15日−5月29日


※展覧会会期は変更になる場合がございます。
※各会場の展覧会に関する情報は各美術館にお問い合わせください。

ページのトップへ戻る