このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

【没後80年 佐伯祐三展 鮮烈なる生涯 SAEKI Yuzo Retrospective】

2008年6月29日(日)−8月17日(日)


休館日:毎週月曜日(ただし7月21日(月)は開館)、7月22日(火)


観覧料: 一 般 =900円(700円)
高・大生=700円(500円)
小・中生=400円(300円)

・( ) 内は20人以上の団体割引及び前売料金
・三重県立美術館メールマガジンの各最新号をプリント・アウトしたもの、もしくは携帯電話の受信画面を示していただければ、前売り料金でご観覧いただけます。
・身体障害者手帳等をお持ちの方及び付き添いの方1名は観覧無料


主催=三重県立美術館、中日新聞社、(財)岡田文化財団
後援=NHK津放送局、近畿日本鉄道
助成=(財)三重県立美術館協力会
特別協力=大阪市立近代美術館建設準備室


1920年代のパリで壮絶な生涯を閉じた佐伯祐三。わずか30歳という短い命であったにもかかわらず、彼の作品は、今も私たちに多くのものを語りかけます。刻々とおとずれる死を意識しながら、猛スピードで仕上げられた作品は、それゆえに、緊張感や、独特のリズム感が画面の隅々にまでみなぎっています。


今回の展覧会は、佐伯祐三が足掛け3年間滞在したパリ時代の作品を中心に、その代表作から近年紹介されずにいた作品まで、約95点で構成いたします。さらには、里見勝蔵や中山巍、山田新一、荻須高徳ら、佐伯祐三とかかわりのあった画家たちの作品約30点をあわせてご紹介し、佐伯の独自性がどこから生れたのか、相互の影響関係を探ります。


■同時開催:佐伯祐三交流の画家たち
        7月1日(火)―8月24日(日)

           常設展示室第1室にて
           出品リスト
           図録


●ミュージアムコンサート
青柳いづみこ ピアノコンサート 〜「佐伯祐三展」によせて
日時:7月12日(土) 午後5:30開場 6:00開演 場所:美術館エントランスホール 全席自由2,000円


●美術講演会
「1920年代の都市パリと郊外――佐伯祐三の眼」
今橋映子(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
日時:8月2日(土) 午後2:00から


●ギャラリー・トーク
8月16日(土)午後2:00から
*佐伯祐三の命日に担当学芸員が作品を前に解説します。事前申し込み不要ですが、展覧会チケットが必要です。





《広告(ヴェルダン)》
1927年 
大原美術館 
(Cat.no.75)



《工場》
1928年 
大阪市立近代美術館建設準備室
(Cat.no.79)



《扉》
1928年
田辺市立美術館
(Cat.no.95)


《レストラン(オテル・デュ・マルシェ)》
1927年 
大阪市立近代美術館建設準備室
(Cat.no.64)




《郵便配達夫》
1928年 
大阪市立近代美術館建設準備室
(Cat.no.96)




《街角の広告》
1927年 
メナード美術館
(Cat.no.74)




《立てる自画像》
1924年 
大阪市立近代美術館建設準備室
(Cat.no.7)




《煉瓦焼》
1928年 
大阪市立近代美術館建設準備室
(Cat.no.93)
ページのトップへ戻る