このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

あいさつ

美術の一ジャンルとしてさまさすまな技法を探究してきた版画は,今世紀に入ってまったく新しい素材や技法の開発を進め,世界各国でめぎましい展開を遂げるようになりました。とりわけイギリス・アメリカの美術界におきましては,卓抜な画家や彫刻家たちが,次々に版画を手がけるようになり,独創的で秀逸な作品が数多く生み出されております。

今回の展覧会「現代版画ロンドン−ニューヨーク」は,イギリスの国際的版画出版元ピータースバーグ・プレス社の協力によって,1960年代に登場したポップ・アーティストたち及び彼らと同時代の美術家たちの中から,同社の工房と関係したイギリス,アメリカ両国の現代作家12名の代表的な版画作品200余点を展観するものです。これらの作家たちはそのほとんどがすでに国際的な評価を獲得しておりますが,その意味からいって,今回の展覧会は質量ともにきわめて水準の高いものであるといえるでしょう。本展覧会を通じて版画のジャンルが20世紀においては絵画や彫刻と肩を並べる重要な一ジャンルとして独立した地位を確立したことを明白に理解していただけるものと確信いたしております。

本展実現のために御協力いただきました関係者の方々に厚くお礼申し上げます。

1984年6月

三重県立美術館
現代版画ロンドン-ニューヨーク展委員会

ページのトップへ戻る