このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

高村光雲とその時代展

展覧会期 2002年4月6日〜5月19日
他巡回先 《茨城県近代美術館》2002年5月28日〜7月7日
《千葉市美術館》7月16日〜8月25日
《徳島県立近代美術館》9月3日〜10月6日
図   録 29.7×22.5p、 190ページ
多色132図、白黒13図
●ごあいさつ 主催者
●高村光雲−木と対峙しつづけた生涯 金原宏行(常葉学園大学教授)
高村光雲−その二面性 毛利伊知郎(三重県立美術館学芸員)
●図版  
 第一部 高村光雲  
 第二部 関係作家  
●神佛人物彫刻師一東齋光雲 安達一樹(徳島県立近代美術館学芸員)
●岡倉天心と近代日本彫刻 中田智則(茨城県近代美術館学芸員)
●佐藤朝山《冬眠》の成立について 藁科英也(千葉市美術館学芸員)
●作家解説(出品目録順) 中田智則編
●主要作品解説  
●年譜 中田智則編
●文献目録 安達一樹編
●出品目録  
編   集 三重県立美術館、茨城県近代美術館、千葉市美術館、徳島県立近代美術館、美術館連絡協議会
発   行 三重県立美術館、茨城県近代美術館、千葉市美術館、徳島県立近代美術館、美術館連絡協議会、読売新聞社  2002

年報

高村光太郎・智恵子展図録(1990)

日本彫刻の近代展図録(2007)

ページのトップへ戻る