このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

KOERAN CONTEPORARY ART
韓国現代美術展

展覧会期 1992年7月4日〜8月9日
他巡回先 《下関市立美術館》1992年2月22日-3月29日
《新潟市立美術館》1992年4月10日-5月10日
《笠間日動美術館》1992年5月16日-6月7日
《韓国慶州 善載現代美術館》1992年9月5日-10月30日
図録 24.5×25.5p 171ページ
多色74図、単色96図
あいさつ 主催者
長谷川 徳七/実行委員会事務局長
韓国現代美術―今日の一つの姿 呉 光洙/美術評論家
韓国の絵画―そのつよさについて 陰里 鐵郎/三重県立美術館館長
原色図版  
エッセイ  
 ・韓国の現代美術
 ―日本における伝播と受容―
林 紀一郎/新潟市美術館館長
 ・「遠い記憶」と「近い記憶」 米倉 守/美術評論家
 ・線型思考のアルケオロジー 東 俊郎/三重県立美術館学芸員
 ・韓国現代美術
 ―その精神性と無作為性―
田中 晴久/下関市立美術館学芸員
作家略歴・コメント  
出品目録  
謝辞・実行委員会委員名簿  
編集・発行 韓国現代美術展実行委員会

年報

展覧会図録在庫一覧

ページのトップへ戻る