このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重の子どもたち展 はっしん!今… わたし

展覧会期 2005年1月4日〜1月30日
記録集 29.6×21.0p、16ページ
単色
ごあいさつ 白石和己/三重県立美術館長
次回の「三重の子どもたち展」について−危機をどう乗り越えるか 毛利伊知郎
教育の現場から  
●三重の子どもたち展「はっしん! 今… わたし」に寄せて 牧田繁
●一枚の絵 藤原伸久
●中学生パワーをもっと子どもたち展に 松葉三津子
●美術って伝わる! 松山知司
「三重の子どもたち展」を開催し続けることの意味 下栄子
●16年度「三重の子どもたち展 「はっしん! 今… わたし」開催要項(抜粋)  
●「三重の子どもたち展」担当委員・協力員  
生活の現場から  
●海山町ワークショップ参加者・支援スタッフ、「三重の子どもたち展」での展示構成担当  
●しゃべらないワークショップ−海山町ワークショップのはじまりとこれから 大和慎
●ワークショップ活動風景  
展覧会の記録  
●展示風景(第1〜3室)  
●展示風景(第4室)  
●創作ひろば活動風景(美術体験室)  
編  集  三重県立美術館、「三重の子どもたち展」委員会 担当=下栄子
発  行 (財)三重県立美術館協力会 2005.3

年報2004年度版

ページのトップへ戻る